2010年 02月 23日

セロリのつくだ煮と牛肉のつくだ煮

a0140789_21182876.jpg
a0140789_21185388.jpg

          時間のあるとき、作っておけば、     
      すぐごはんのおともに。
      サイドメニューにうれしい常備菜。

     
          セロリのつくだ煮
          セロリ1本分として、
          セロリの新鮮な葉の部分も使います。
          セロリの葉は一度さっと湯通ししておく。
          セロリの茎の部分は、すじをとってから、
          やわらかくなるまで、ゆでておく。
          全部細かく輪切りにして、ちりめんじゃこもいっしょに、
          ごま油を引いたフライパンで炒め、
          味つけの分量比は
          しょうゆ、さとう、みりん、お酒=3:3:3:1適宜。
          
          牛肉とごぼうとこんにゃくのつくだ煮
          牛肉薄切り=150gぶつ切り
          ごぼう=1本ささがきにして、酢水につけておく。
          糸こんにゃく=1/2〜1袋まで。ゆでておく
          全部一度に鍋に油を引いて、よくいため、
          すき焼きみたいに、味をつける、甘辛く。
          しょうゆ大2、みりん大1、さとう大1、お酒小1目安。
          どちらもごはんが進むおかずになります。


by mllegigi | 2010-02-23 10:37 | ごはん


<< しあわせのポテトグラタン      フランスの古いチーズ皿 >>