マドモアゼルジジの感光生活

父の一銭洋食

たとえばテレビの映画を見終わった夜の11時頃、
父が「ちょっと作ろうか」と声をかけてきたものでした。
まるで、和風クレープ。
なまじのフレンチクレープより、お夜食には嬉しいじゃありませんか。
a0140789_1642062.jpg
材料と作り方3枚弱
薄力粉カップ半分
水120cc
京都九条ねぎあるいは奈良五條ねぎなど1本=細かい小口切り
かつお削り節適宜
醤油適宜

*粉を水で軽くとく。
*フライパンで油を煙が出る直前まで、熱する。
*水でといた粉お玉1杯分を、うすくのばす。
 火加減は弱過ぎず、強過ぎず。
*そこに、かつおと葱を散らす。
*下が焼けたらひっくり返す。
*もう一度、裏返して、かつおと葱の面をおもてにして、
 おしょうゆを適宜ふりかける。
*ややおしょうゆを馴染ませて、お皿に盛る。
*次々と焼いていく。
by mllegigi | 2011-07-12 23:45 | ごはん