2011年 07月 26日

お夜食はオニオングラタンスープ oishii

夏でも冬でも、いただきたくなったときが作りどき。
オニオングラタンのおいしいレシピをひとつ持つことは、
人生の幸せをひとつ手に入れること。
パンがしっかりスープを覆い、そのうえにかけたチーズが溶けて垂れ下がる。
アツアツの勢いが決め手。
量が少なければ、スープにもなり、量が多ければ、それだけでごはんにも。
a0140789_17251954.jpg
材料と作り方2人分
玉ねぎ2個
水600cc~
チキンコンソメキューブ1/2個〜1個
フランスパン(フィセルぐらい)うすく切ったもの1cm弱の厚さ1人分3枚
(もし、急に作りたくなって、フランスパンの買い置きがなかったときは、
 麩を使うか、クラッカーか、食パンを焼いて1/4に切って使うことも)
グリュイエールチーズorエメンタルチーズorとろけるチーズならなんでも30g~
たまねぎ炒め用のバターとサラダオイル1:1で。

*玉ねぎは薄くスライスして、ルクルーゼなどの厚手の鍋に
 バター大さじ1、サラダオイル大さじ1〜2を熱し、
 飴色=焦げ茶になるまで=に炒める。
 
 ルクルーゼのようなお鍋でも、傷むのではないかというくらい、
 熱くなってきますので、ここはフライパンで気長に炒めるというほうが、
 やりやすいと思う。
 暇なときに作ってまとめて冷凍しておくといざというときに楽ができます。
 とにかく、いい玉ねぎを選んで、
 飴色になるまで徹底して「中火の弱火」で炒める=最低30分〜1時間はかかる。
 これが、このスープの決め手になります。
 甘みが足りない玉ねぎであれば、砂糖を少々加えておく。
*それさえできれば、あとは簡単。
 おなべに水と炒めたたまねぎを入れ、
 コンソメを半量からはじめて味を見ながら足していく(キューブ1個だと、からいかも)
*30分以上は炊き詰める。
 その間、水が極端に減ったら、又水をすこしずつ足しながら調整。
*いいお味になったのを見計らって火を止める。
*スープを耐熱容器(ココットやライオンヘッドのスープ皿)に移し、
 あらかじめ焼いておいたフランスパンを3枚ずつ入れる。
*最後におろしたチーズをたっぷりふりかける。
*オーブントースター、または250℃に温めたオーブンにいれ、
 ぐつぐつ沸騰し、チーズがきつね色になれば=5分から7分目安
 すぐ食卓へ運ぶ。
a0140789_1725412.jpg


by mllegigi | 2011-07-26 18:33 | ごはん


<< ピサラディエール風フレンチトースト      『アンディとらいおん』と聖ヒエ... >>