2011年 08月 08日

カステラで朝食

胃が強くはなかった祖父の朝ごはんはカステラでした。
そのせいでしょうか。
伯父伯母、従兄姉たちもみんなカステラ好きになってしまいました。
夏の朝、食欲がないようなときに、
そのままでおいしいのですが、
ときには、こうしてこんがり焦がして、さくさくいただきます。
a0140789_12473178.jpg
a0140789_12481060.jpg

材料と作り方
フライパンにバター小さじ1とサラダオイル小さじ1を熱し
市販のカステラを一切れおいて、
こんがりきつね色になるまで焼きます。

by mllegigi | 2011-08-08 12:59 | ごはん


<< 空飛ぶ生ハム      超特急ブルスケッタ >>