マドモアゼルジジの感光生活

イタリア料理店のトマトパン

有機栽培の自家製野菜を使っていたイタリア料理店が近くにありました。
石窯を持っていて、パンも焼いていた。
なかでも、トマトのパンというのが癖になるおいしさ。
けっこう強烈な赤だったということは、トマトペーストが入っていたにちがいありません。
見よう見まねで作りました。
a0140789_1629631.jpg
材料と作りかた6個分
強力粉200g
バター40g=オリーブオイルでも。
トマト大1個140cc=皮をむいて、細かく切り、ミキサーにかけて裏ごす。
トマトペースト大さじ1小さじ1〜お好みで(入れなくても)
砂糖大さじ2
塩小さじ1/2
ドライイースト小さじ1強
お好きならバジルやパセリなど香辛料を少々加える。

*トマトは、皮をむき、細かく切って、ミキサーにかけ、裏ごしておく。
*ボールにトマト、トマトペーストを入れ、
 バターは小鍋に入れて火にかけ、溶かしたものをそろり加える。
 これで、ボールに入れた液の温度はちょうど人肌になるはず。
*そこへ、ドライイースト、砂糖を加え、泡立て器で混ぜる。
*強力粉の半分と塩をふるいながら加えて、混ぜる。
*残りの強力粉をふるいながら入れて、
 手でひとまとめにする。
*台の上で10分はこねる。
*肌がきれいになってきたら、丸めてボールの底に置き、ラップをかぶせて
 1時間、発酵させる。
*2倍にふくらみ、フィンガーテストで指の跡の穴がもとにもどらなければ、
 ガス抜きをして6等分。
*6等分したものをひとつひとつ20cm長さの棒状にのばし
 ベーグルのような形を作って、端同士をしっかりあわせてとめる。
*天板の上に並べたら、20分さらに発酵させる。
*もう一度2倍にふくらんだところで、
 上から強力粉を茶こしでふりかけ、180℃で12分焼く。
a0140789_16333631.jpg

by mllegigi | 2011-08-16 17:21 | ごはん