マドモアゼルジジの感光生活

物語を読む日のBanana Muffin

今日は雨。
『ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き』(『GROWING PAINS』)を読んでいる。
『ひゃくまんびきのねこ』の作者が残した青春の日記である。
忘れかけていた「成長に伴う痛み」が再び心に突き刺さるようだ。
長い間私はワンダ・ガアグを男のひとだと思いこんでいた。
マフィンは第2部「男友達、女友達」の半ばで、みるみる膨らむ。
a0140789_1739789.jpg
a0140789_17385228.jpg
材料約6個分
薄力粉100g
ベーキングパウダー小さじ1弱
ベーキングソーダ小さじ1/4弱
塩ひとつまみ
バター70g
砂糖80g
卵1個
バナナ1本
牛乳大さじ1弱

作り方
*室温に戻したバターと砂糖を合わせて、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
*卵を入れてさらにかき混ぜる。
*バナナと牛乳を加え、よく混ぜる。
*粉類をふるい入れて切るように混ぜる。
*マフィン型にバターか油をうすく塗って粉をはたいておくか、
あるいは専用の紙カップをおいて、スプーンなどですくって生地を入れる。
*190℃に温めたオーブンで20分目安。
by mllegigi | 2011-12-05 13:09 | お菓子・デザート・ジャム・お茶