2012年 10月 25日

牛肉の煮込みパプリカ風味

20代のころ、この煮込み料理を作るときは大騒ぎでしたが、
実は材料も少なく、カレーを作るより簡単です。
少し奮発していいかたまりを調達し、クリスマスやお正月のおもてなし料理に。
リーズナブルなお肉が手に入れば、普段のメニューにもなります。
ふたり分なら、ステーキ肉として売られているものを利用することも。
トマト缶は2缶使えば、残りを、
スパゲッティ、ハンバーグ、オムレツなどのソースにアレンジ。
玉ねぎなどの分量も変化自在に。
a0140789_1249539.jpg
材料と作り方:昨夜のレシピ
牛肉塊(ランプ、もも、いちぼなど)800gに対し、
基本トマト缶2個、さらに冷蔵庫で傷みそうになっているトマトを加えても。
白ワイン目安50〜300mlお好みで。
水最初に1000ml〜1300ml適宜
玉ねぎ中または大2個
にんにく2片
パプリカ(粉)適宜
チキンコンソメ1〜2個
ロリエ2枚
塩こしょう少々

*肉を大きく切り分け(お好みの形、お好みの大きさ)、フライパンで表面を焼く。
*厚手の鍋に油を熱し、1cm角に切った玉ねぎとにんにくを刻んだものを炒め、
 パプリカをからませる。
*そこに、トマト缶+(トマト)と、水を加え、
 白ワイン、コンソメ、肉を入れて、2時間半〜3時間煮込む。
 煮汁がひいてきたら、途中水を足す。
*肉がやわらかくなったら取り出し、煮汁をシノワで漉して、味をととのえる。
*肉を入れたソースを温め直して、盛りつける。
*煮込んでいる間に作っておいたマッシュポテトとクレソンを添える。

by mllegigi | 2012-10-25 15:13 | ごはん


<< 豚汁      エルムウッドのスコーンみたいに。 >>