2015年 05月 09日

限定記事6休日のチキンカレー

チキンストックをとるなんてことは省略。
今日はこれから出かけて、帰りが中途半端に遅くなるので
カレーを作っておく。
ごはん、ピクルス、らっきょう、福神漬けといっしょにいただきます。
メイソンジャーに入れるまでもないサラダも器ごと
冷蔵庫に入れておく。
a0140789_16093983.jpg
a0140789_16522581.jpg
チキンカレーのレシピ(少量です)
ルクルーゼ18cmの片手鍋で作ると簡単です。ちょっとだけ本格的に。

鶏の手羽元3本
玉ねぎ1個半
にんにく1かけ
しょうが1かけ(5cm大)
ローリエ1枚
トマトジュース 125ml
白ワイン 30mlぐらい
チキンコンソメ1個半と水適宜
香辛料数種
あらかじめゆでておくじゃがいも3個とにんじん1本
カレールー市販甘口1ポーション、中辛1ポーション=ここはカレー粉大さじ1〜でも(味を調節して)

  1. 鶏肉は下味、カレー粉塩こしょうをつけておく。
  2. じゃがいもは皮を剥いてそのまま、にんじんもなるべく大きく切って面取りをしたものをゆでておく。30分以上かかる。
  3. まず厚手の鍋にバターを溶かし、みじん切りの玉ねぎを茶色くなるまで30分くらい弱火で炒め、それからにんにくとしょうがのみじん切りを加えて軽く炒める。
  4. つぎに香辛料クミンシード、オールスパイス、ガラムマサラ、シナモン、などを軽くふり入れる。おのおの小さじ1/4より少なめ?
  5. そこへトマトジュース、ローリエ、白ワイン、チキンコンソメと水適宜(お鍋の縁から3cmぐらい下のところまで)を加える。水の量は常に調節して、おなべいっぱいになっているようにする。ふつふつしたらアクとりも忘れずに。
  6. 鶏肉をフライパンで炒めたものを5へ入れ、カレールー(味、濃度を調節しながら)を加える。ここでヨーグルトを適宜入れてもいい。
  7. すこし煮込んで(20分+α)、鶏にしっかり火が通ったところで、やわらかく煮たじゃがいもとにんじんを加える。じゃがいもとにんじんを煮た(別鍋にしましたがいっしょのお鍋でも。そのときの煮汁を足せるようにできるといい感じ)濃度はカレールーを足したりして調節、香りも調節します。
  8. 全体が馴染むまで煮込み(5〜10分)、いただく前には、最後に鍋に塩こしょう、ガラムマサラをひとふり、鍋のふたをして香りを閉じ込める。
*たまねぎを炒めるときはフライパンの方が炒めやすいと思う。
そのときは、茶色く炒めてから、厚手の鍋に移し替えます。
*移し替えた厚手の鍋でにんにく、しょうがを炒め、
そのあと、フライパンにこびりついたお焦げも水少量でこそげとって鍋の中に入れます。
*鶏肉を炒めるときに別のフライパンを用意するのは面倒なので、
きれいにこそげとったあとのフライパンをさっと水洗いして再び使います。
なんだか、妙に細かい注意書き!
a0140789_16094937.jpg
コブサラダのようなもの
きゅうり、フリルレタス、アボカド、卵、トマトをフレンチドレッシングで。
あとは、お豆腐のお味噌汁かな。


by mllegigi | 2015-05-09 16:47 | ごはん


<< HAPPY MOTHER...      限定記事5祇園おくむら(京都) >>