マドモアゼルジジの感光生活

りんごのケーキ

広がるテロ。アサド政権をめぐるアメリカとロシアの対立もあるし、トルコとロシアの関係もロシアの意図はどこにあるのか、きな臭い。テロの問題はほんとうに解決できる日がくるのだろうか。ここ1、2年であっという間に世界観が変わったと思う。
朝日新聞夕刊(12/3付)掲載の池澤夏樹氏の批評『団結するか 見捨てるか』にはおおいに共鳴しました。中東での殺害誘拐事件に関する過去の日本政府とメディアの対応を、フランスのそれと比較。フランスは団結しない国だが、それでも団結したことがある事件について触れ、団結する(仏)か、見捨てる(日)かは、政府の冷淡な対応を動かすメディアの誘導効果の違いが大きいとして、日本のメディアは政府の意向を偏重していたのでは、と疑問を投げかけています。そして最後にこう締めくくる。「今回のパリの事件について安倍首相は「テロには屈しない」というメッセージを出した。勇壮にして内容空疎、と読んではいけない。日本人が人質になっても日本政府は救出の努力は一切しないという意味なのだ。海外に出るときも、また国内で呑気に暮らしている時も、保護はないと覚悟しておこう。」
保護はないと覚悟して、、、、、呑気にりんごケーキを焼きました。土曜のおやつ。好きにつまんで。
そうそう、米紙ニューヨークタイムズに95年ぶりに銃規制の必要を訴える記事が載ったって。95年ぶりって遅すぎない?
a0140789_15412738.jpg
a0140789_15041786.jpg
りんごケーキのレシピ
材料(スクエア型18×18あるいは20×20)
りんご2個
バター50g
グラニュー糖90g±α
レモン汁1個分

薄力粉110g
ベーキングパウダー小さじ1
バター70g
砂糖90g±α
卵2個
卵黄1個
バニラエッセンス
レモンの皮のすりおろし1個分

オーブン設定200℃=20分目安
型にはグラシン紙を敷くか、バターを塗って粉をまぶし、はたいておく。
  1. りんごのキャラメリゼを作る。りんごを8等分し、薄くいちょう切り。砂糖とバターを入れてとかした鍋にりんごとレモン汁を入れ、うっすら茶色になる直前まで煮込む。
  2. 室温に戻したバターを白っぽくなるまでかき混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜる。そこへ卵を1個ずつ、卵黄を加えては混ぜ、バニラエッセンスとレモンの皮のすりおろしを加えて、全部を泡立てるように混ぜます。
  3. いっしょにふるっておいた粉とベーキングパウダーと、りんごの煮たものを交互に2に加えて切るように混ぜ、型に流して焼く。(ホルトハウス房子さんのレシピを参照)

by mllegigi | 2015-12-05 21:52 | お菓子・デザート・ジャム・お茶