マドモアゼルジジの感光生活

すばらしい夜

カナダは来年2月末までに2万5000人の難民受け入れを表明している。若くとびきりホットな首相がこのようなスピーチをする。排外主義の風潮が高まるこのご時世に、うらやましい国である。
a0140789_15372114.jpg
カナダ・トルドー首相のシリア難民歓迎の挨拶の動画はこちらから
This is a wonderful night, where we get to show not just a plane load of new Canadians, what Canada is all about but we get to show the world how to open our hearts and welcome in people who are fleeing extraordinary difficult situations.
But it’s not just about receiving them tonight. It’s about hard work we all gonna do in a coming weeks, months and indeed years to insure that everyone who passes through here tonight and in the weeks and months to come are able to build a life for themselves, for the family and also contribute fully to the continued growth of this extraordinary country.
Tonight they step out of the plane as refugees but they walk out this terminal as permanent residents of Canada with social insurance numbers, with health cards and with an opportunity to become full Canadians.
This is something we are able to do because we define a Canadian not by a skin color or a language or religion or background but by shared set of values, aspirations hopes and dreams that not just Canadians but people around the world share.(BBC NEWSの動画より)

今夜はすばらしい夜です。
今夜、私たちは、飛行機いっぱいの新しいカナダ人、そしてカナダがどういう国なのか、ということをお見せするだけでなく、世界中の人に、避難中でひどく困難な状況にいる人たちに心を開き、彼らを迎え入れるにはどうしたらいいのか、ということをお見せする夜です。
しかし、本当の問題は、今夜彼らを受け入れることではなく、これから数週間、数ヶ月、そして実際のところ数年にわたって、今夜ゲートを通ってきた人たち、そして今後数週間、数ヶ月の間に来る人たちが、ここで、彼らとその家族のために生活を築き上げ、この素晴らしい国の一貫した成長に完全に貢献できるようにするために、私たちが努力することにあります。
今夜、彼らは難民として飛行機を降りましたが、カナダの永住国民としてこのターミナルを出ます。社会保障ナンバーと、保険証、そして、完全なるカナダ人となる機会と共に、歩み出すのです。
私たちがこんなことをできるのは、我々が、肌の色や言語、宗教や育った環境でカナダ人を定義づけているのではなく、カナダ人のみならず世界中の人々に共有されている価値観、憧れ、希望、夢といったものでカナダ人を定義づけているからです。(拙訳)

by mllegigi | 2015-12-12 17:35 | 好きな場所、もの、ことば、ひと