マドモアゼルジジの感光生活

春隣(はるとなり)

お昼など一しよにいかが春隣(今井千鶴子、ホトトギス)
炊き込みごはん(しめじ、にんじん、お揚げ、さつまいも)、卵焼き、粕汁(大根、にんじん、豚肉、お揚げ、紅鮭、里芋、ねぎ)、香の物(きゅうりの古漬け)で日曜のお昼。粕汁は具がたくさん見えるように写しましたが、酒粕と白味噌は最小限使って、うすく、あわく、酒粕の香り高い、熱い熱いお汁を、陶製のカフェオレボル(仏製)にいっぱい入れるのが好き。特に風邪ひきのときは。まだインフルエンザのあとの咳が残りますが、外は春の光がふりそそいでいます。春隣=冬の季語。
a0140789_13273511.jpg

by mllegigi | 2016-02-14 14:42 | ごはん