マドモアゼルジジの感光生活

無限の優しさ

a0140789_20521146.jpg
2013年度のカンヌ映画祭のパルムドール受賞作品。スピルバーグ監督の計らいで、例外的に主演女優2人にも授与されたことも話題に。3時間の長丁場。いちばん好きな恋愛映画に『ベティ・ブルー』をあげてきたが、『アデル ブルーは熱い色』がそれに取って代わりました。ふたりが破局を迎えたとき、別れを切り出したい方が言うんです。もう愛してないわ。でも、あなたに無限の(底の尽きない)優しさを持っている。いつも。これからずっと。But I have infinite tenderness for you. I always will. In my whole life.ーEmma 」。関係性が「愛」から「無限の優しさ」へ変わっていく。長いセックスシーンを含めたすべてが、この台詞にたどり着くまでの必要不可欠な過程だったのだと納得。★★★★★フランスの評価はここで。

by mllegigi | 2016-03-06 00:13 | 映画