マドモアゼルジジの感光生活

チェルシー・クリントンの応援演説

ヒラリー・クリントン氏の大統領候補者指名が行われた民主党大会で、一人娘のチェルシーさんが応援演説をしました。娘としての立場で終始一貫、「my mom」と呼びかけるスイートな、かつ力強いスピーチです。母との関わりがどのようなものであったのか、飾り気のない言葉で子供時代を振り返っています。クリントン家の子育て事情も垣間見ることができます。ヒラリーさんのよく練られた指名受諾演説、そのほかオバマ大統領、ミッシェル夫人(泣けます)、メリル・ストリープさん、ビル・クリントン氏などの応援演説を聞くとアメリカの大統領選は極めてアメリカ的なもので、日本にはスピーチで人の心をつかむ文化がないなあと思う一方、直裁的な言葉を避けながらも多くの人の心に響いた先日の天皇陛下の「お気持ち」表明と比べてみたりしています。エスタブリッシュメントであるクリントン氏(夫妻合わせて年収10億7000万)の人気はいまひとつのようですが、女性初の米国大統領候補がとうとう現実のものとなったことに、私は自分で思っていたよりずっと深く感動しました。
a0140789_23201846.jpg
母娘3代(2010チェルシーの結婚式にて、左からヒラリー・クリントン、ヒラリーの母ドロシー、娘チェルシー(画像はお借りしています)


日本語訳mllegigifamily

It is such an honor for meto be here tonight. I'm here as a proud American, a proud Democrat, a proud mother. And tonight, in particular, and very proud daughter.


今日この場にいられることは、私にとって本当に名誉なことです。私は今ここに、アメリカ人としての、民主党支持者としての、そして母としてのプライドを持って立っています。そして、今夜は特に、娘としての大きなプライドを持って。


Mark and I can't quite believe it, but our daughter Charlotte is nearly two years old. She loves Elmo,she loves blueberries and above all, she loves Facetiming with Grandma. My mom can be about to walk on stage and it just does not matter, she will drop everything for a few minutes of blowing kisses and reading "Chugga-ChuggaChoo-Choo" with her grand daughter. Our son, Aidan, is five and a half weeks old. We are so thankful that he is healthy and thriving and we are biased, but we think he is just about the cutest baby in the world — a view I'm sure my mom shares. And every day that I spend with them as Charlotte and Aidan'smother, I think about my own mother. My wonderful, thoughtful, hilarious mother.


マークと私にとっては信じられないことですが、私たちの娘であるシャーロットは、もう2歳になろうとしています。彼女はエルモとブルーベリーが大好きなんですが、それ以上に、おばあちゃんとFaceTimeをすることが大好きです。母がたとえ舞台に上がる直前であっても、そんなことはどうでもいいんです。母は孫娘に投げキスをしてChugga-Chugga Choo-Chooを読み聞かせる数分のためになら、全てを投げ打ってくれます。私たちの息子のエイダンは、生まれて5週間とちょっとです。息子が健康ですくすく育ってくれていることに私たちは本当に感謝していますし、偏った見方をしているのは承知の上で言いますが、息子は世界で一番かわいい赤ちゃんです。母もきっとそう思っているでしょう。シャーロットとエイダンの母親として過ごす毎日の中で、私は、自分自身の母のことを考えます。素晴らしくて、思いやりがあって、とっても愉快な母のことを


My earliest memory is my mom picking me up after I had fallen down, giving me a big hug, and reading me"Goodnight Moon." From that moment to this one — every single memory I have of my mom is that regardless of what was happening in her life, she was always there for me. Every soccer game, every softball game, every piano recital, every dance recital. Sundays spent together at church, the local library, countless Saturdays finding shapes in the clouds.


母との最初の思い出は、転んだ私を母が抱き起こしてくれ、私をぎゅっと抱きしめ、『おやすみなさいおつきさま』を読んでくれたことです。そのときから、今日この瞬間に至るまでー、私が母に関して思い出すことは、母の人生で何が起こっていようと、彼女はいつも私の側にいてくれたということです。私の出るサッカーの試合、ソフトボールの試合、ピアノの発表会、ダンスの発表会に母は全て来てくれました。教会や地元の図書館で過ごす日曜日を私はよく覚えていますし、雲に形を与えて遊んだ数え切れない土曜日のことも覚えています。


Making up stories aboutwhat we would do if we met a Triceratops — in my opinion, the friendliest looking dinosaur — although my mother would remind me that they were still dinosaurs. As a kid I was pretty obsessed with dinosaurs and the day that my parents took me to Dinosaur National Park, I didn’t think life could get anybetter.


トリケラトプス(私の意見では一番仲良くなれそうな恐竜)にもし出会ったらどうするかという話をしたりもしました。ただ母は、どんなにかわいく見えても、トリケラトプスは恐竜なんだよ、と私を諭したりもしましたが。子供のころ、私は恐竜に夢中になっていて、両親がDinosaur国立公園に連れて行ってくれたとき、人生でこれ以上素晴らしいことなんてない、と思ったものでした。


Whenever my mom was away for work, which thankfully did not happen very often, she let notes for me to open every day she was gone. All stacked neatly together in a special drawer with a date on the front of each one, so I would know which note to open on which day. When she went to France to learn about the child care system, I remember one was all about the Eiffel Tower. Another was about that ideas she helped to bring home to help the kids of Arkansas. I treasured each and everyone of those notes. They were another reminder that I was always in her thoughts and in her heart.


ありがたいことにあまりそんなことはなかったのですが、母が仕事で家にいないときはいつも、私に何かしらの書き置きがありました。それは特別な引き出しにしまわれていて、引き出しの一つ一つに日付が書かれていたので、私はどの日も、どの書き置きを開けるのかわかるようになっていました。母が子育てについて学ぶためにフランスに行ったとき、書き置きの一つには、エッフェル搭について詳しく書かれていて、また別の書き置きにはアーカンソーの子供たちを助けるために母が考えたことが書かれていました。私は、これらの書き置きの一つ一つを大切にしています。それらもまた、私がいつも母の思いの中に、心の中にいたことを思い出させてくれるものだからです。


Growing up, conversations around the dinner table always started with what I learned in school that day.I remember one week talking incessantly about a book that had captured my imagination, "A Wrinkle in Time." Only after my parents had listened to me talk, would they then talk about what they were working on: education,health care consuming their days and keeping them up at night.


子どもの頃、夕食の席での会話はいつも、私が学校で何を学んだのかということから始まりました。あるとき、私は自分の想像力を捉えた本、『五次元世界の冒険』についてひっきりなしに喋っていました。そんなときでも、両親は辛抱強く私の話を聞いてくれ、自分たちがやっていること(それは、教育についてや健康保険制度についてで、二人は夜眠ることもできないほどそういったことで忙しくしていたのです)について話すのはあとまわしでした。


I love that my parents expected me to have opinions and to be able to back them up with facts. I never once doubted that my parents cared about my thoughts and my ideas, and I always knew how deeply they love me. That feeling of being valued and loved — that is what my mom wants for every child. It is the calling of her life.


両親が私に常に事実に裏うちされた意見を持つようにと教えたのは、私にとってさいわいなことでした。両親が私の意見やアイディアを軽んじているのではないかと疑う余地など一切ありませんでした。私はいつも、二人にどれほど愛されているのかを実感することができたのです。あの、私が経験してきた、大切にされ、愛されているという感覚を持つこと。それこそが、母がすべての子どもたちに望んでいるものなのです。それを叶えることが母の使命なのです。


My parents raised me to know how lucky I was that I never had to worry about food on the table, that I never had to worry about a good school to go to. Never had to worry about a safe neighborhood to play in. And they taught me to care about what happens inthe world. And to do whatever I can to change what frustrated me, what felt wrong. They taught me that’s the responsibility that comes with being smiled onby fate.


両親はいつも、私が決して食べ物に困ることがないこと、良い学校に当然のように行けること、安全に遊べる場所が近所にあるということがどれほど恵まれたことなのかを教えてきました。そして、私が世界で起こっていることに注意を払うように仕向けてきました。二人は、私が失望したと感じること、間違っていると感じることを、何があっても変えようとする努力をするようにといつも言っていました。それが、運命の女神に微笑んでもらった者の義務なのだと。


I know my kids are little young, but I'm already trying to in still those same values in them. There's something else that my mother taught me: public service is about service. Andas her daughter, I've had a special window into how she serves. I’ve seen herholding the hands of mothers worried about how they will feed their kids,worried about how they will get them the health care they need. My mother promised to do everything she could to help. I have seen her right after those conversations getting straight to work. Figuring out what she could do, who shecould call. How fast she could get results. She always feels like there isn't a moment to lose because she knows that for that mother, for that family, there isn’t.


私の子どもたちはまだ幼いですが、私もまた、あの子たちに、その同じ価値観を教え込む準備ができています。もう一つ、母の重要な教えがあります。それは、公益事業はサービス(奉仕?)なのだということです。母の娘として、私は彼女がどのように奉仕してきたかをしっかりと目撃してきました。母は、子どもに食べさせるものがないこと、子どもを健康保険に加入させることができないことを心配する母親たちの手を握り、自分にできるすべてのことをやってみる、と約束しました。母は、その会話のあと、すぐさま仕事に取り掛かかりました。自分にできることをし、たくさんの電話をかけました。母は、無駄にする時間など1秒もないと思っているかのようでした。それは、母が、彼女が出会った困窮した母親には、そしてその家族には、無駄にしている時間など一切ないということを知っていたからでしょう。


And I've seen her at the low points, like the summer of 1994. Several people this week have talked about her fight for universal health care. I saw it up close. It was bruising. It was exhausting. She fought her heart out and as all of you know, she lost. For me,14 years old, it was pretty tough to watch. But my mom, she was amazing. She took a little time to replenish her spirit — family movie night definitely helped. Dad, as all of you know, liked "Police Academy." My mom and I loved "Pride and Prejudice." And then she got right back to work.Because she believed she could still make a difference for kids.


母が落ち込んでいる姿を見たこともあります。例えば、それは1994年の夏でした。このとき、多くの人が、母が普遍的な健康保険制度を確立するために戦っていることを話していました。それは母に痛手を負わせ、母を疲労困憊させるような戦いでした。彼女は力を振り絞って戦いつくし、皆さんがご存知のように、敗北したのでした。当時14歳だった私にとって、そんな母をみるのはひどく辛いことでした。でも母は大丈夫でした。元気になるための時間が少し必要なだけでした。そして、家族でのムービーナイトは母を元気にするには最適でした。父は、ここにいる誰もが知っているように、『ポリスアカデミー』が大好きで、母と私は『プライドと偏見』派でした。そして、それを観たあと、母はすぐに仕事に戻ったのです。なぜなら、母は戦いに負けてもなお、自分が子どもたちのためにまだしてやれることがあると信じていたからです。


People ask me, all thetime, how does she do it? How does she keep going, amid the sounds and the fury of politics? Here’s how, it’s because she never, ever forgets who she’s fighting for.


みんな私にいつも、母はいったいどうやって、政治の「響きと怒り」の真っ只中で生きているのか、と聞いてきます。それは、こういうことです。母は、決して、自分が誰のために戦っているのかということを忘れないのです。


(APPLAUSE)

She’s worked to make iteasier for foster kids to be adopted. For our 9/11 first responders to get the health care they deserve, for women around the world to be safe, to be treated with dignity, and to have more opportunities.


母は、里子たちが養子に取ってもらいやすくなるように尽力をつくしました。9.11の対応者たちが彼らがもらうべき保険をもらえるように、そして世界中の女性たちが安全を保障され、尊重され、より多くの機会が持てるように力を尽くしました。


(APPLAUSE)

Fights like these, they’re what keep my mother going. They grab her heart and her conscience and they never, ever let go.


こういった戦いこそが、母を駆り立てるものなのです。こういったことが彼女の心と良心を掴み、決して離しはしないのです。


That’s who my mom is.She’s a listener and a doer. She’s a woman driven by compassion, by faith, by afierce sense of justice and a heart full of love. So, this November, I’m voting for a woman who is my role model, as a mother, and as an advocate. A woman who has spent her entire life fighting for families and children. I’m voting for the progressive, who will protect our planet from climate change and our communities from gun violence.


これが私の母です。彼女は耳を傾ける者であると同時に、行動する者もでもあります。彼女は、深い同情と、信念と、鋭い正義の観念と、愛情に満ちた心によって突き動かされている女性なのです。来る11 月に、私は、母としても、そして人権擁護者としても私のロールモデルである女性に投票します。家族と子どもたちのための戦いに人生を捧げた女性に、投票します。私は、この惑星を気候変動から守ってくれ、私たちのコミュニティーを銃の暴力から守ってくれる革新主義者に投票します。


(APPLAUSE)

Who will reform our criminal justice system, and who knows that women’s rights are human rights.


その人は、刑事司法制度を見直してくれるでしょうし、彼女は女性の権利は、人として与えられるべき当然の権利であると知っています。


(APPLAUSE)

And who knows, that LGBT rights, are human rights —


その人は、性的マイノリティの権利もまた、当然の権利であると知っています。世界中で、そういった権利が認められなければならないということを知っています。


— and around the world.I’m voting for a fighter who never, ever gives up. And who believes that we can always do better when we come together and we work together.

私は諦めるということを知らない闘士に投票します。その闘士は、私たちが一丸となって働けば、いつも物事がより一層上手くはこぶのだと信じています。


(APPLAUSE)

I hope that my children will someday be as proud of me as I am of my mom. I am so grateful to be herdaughter. I’m so grateful that she is Charlotte’s and Aiden’s grandmother. She makes me proud every single day.


いつの日か、私の子どもたちが、私が母のことを誇りに思うのと同じぐらい私のことを誇りに思ってくれる日がくればいいと思っています。母が、シャーロットとエイダンのおばあちゃんでいてくれて本当によかった。母のことを誇りに思わない日は1日もありません。


(APPLAUSE)

And, mom, grandma would be so, so proud of you tonight.


そしてママ、私のおばあちゃんは、きっとママのことを今夜、誇りに思っていることでしょう。


(APPLAUSE)

To everyone watching here and at home, I know with all my heart, that my mother will make us proud as our next President. This is the story of my mother, Hillary Clinton.


ここで観ているみなさん、そしてテレビの向こうのみなさん、私は心から、母が、次期大統領として私たちが誇りに思える存在になると信じています。これが、私の母、ヒラリー・クリントンの物語です。


(VIDEO PLAYING)

Ladies and gentlemen, my mother, my hero, and our next President, Hillary Clinton.


紳士淑女のみなさん、私の母でありヒーローであり、そして私たちの次期大統領であるヒラリー・クリントンをご紹介します。


by mllegigi | 2016-08-10 18:47 | 好きな場所、もの、ことば、ひと