マドモアゼルジジの感光生活

ジャレッド・クシュナーへの手紙

トランプ大統領の娘、イヴァンカさんの夫、ジャレッド・クシュナー氏(写真左)。トランプ政権で大統領の上級顧問を務める。ハーバード大からニューヨーク大へ、法学学位とMBAを取得。正統派のユダヤ教徒。今回の移民強硬路線はスティーブ・バノン主席戦略官が主導したとも言われていますが、イスラム圏7カ国の入国禁止、難民拒否措置はテロリスト防止策になるどころか、国内外で強い反発と混乱を招くことに。バノン氏は白人至上主義者、人種差別主義者、女性蔑視、外国人嫌い、反ユダヤ主義、レーニン主義」と批判され、彼を危険視する人も多い。以下、ロースクール時代の同級生たち50人が、ジャレッド・クシュナー氏に宛てた公開書簡。
a0140789_01073750.jpg
親愛なるジャレッドへ 

2007年度ニューヨーク大学法科学級のクラスメイトとして、私たちは、トランプ氏が主張する政治の優先事項や政策について、大変憂慮しています。私たちが知るあなたはいつも聡明で思慮深い人でした。私たちみんなが教育を受けたロースクールに、あなたは信じられないほど惜しみなく寄付をしてくれました。

私たちは、ホロコーストを生き延びた人の孫であるあなたが、深い共感力を持って、トランプ政権に良い影響を与えてくれるよう、切にお願いしています。

何万人ものシリアの子どもたち(あなたのおばあさまと同じ境遇に置かれ、自主的に選択したわけではない戦争によって命を損なわれた子どもたち)は、あなたの共感力に訴えます。

偉大な国であるアメリカの富や基礎構造に、多大な貢献をもたらしてくれたのは、正式に移民の手続きを踏んでいない人たちでした。彼らも、あなたの共感を求めています。

いま、女性やLGBTQのコミュニティの人たちは、リプロダクティブ・ジュスティス(性と生殖の公正さ)とアンチ・ディスクリミネーション(差別禁止法)に関するペンス氏のひどすぎる説明(注:ペンス氏は人工中絶、同性婚反対。キリスト教教育推進の宗教保守)を踏まえて、無理からぬことですが恐怖感を抱いています。そして彼女たちもまた、あなたの同情心に訴えかけているのです。

オルタナ右翼の人たちによるトランプ候補への熱烈な支持に困惑している有色人種の人たちも、あなたの共感をあてにしています。

私たちの国のかけがえのない宝である国立公園、森林、モニュメントたちは、話すことができません。でも、それらもホワイトハウスにひとりの話のわかる擁護者を必要としているのです。

ジャレッド、あなたは歴史的に疎外されてきた宗教的マイノリティに属していながらにして、この可能性をたたえた国で、一流の教育と比類なき特権を享受してきました。

いまこそ、あなたの権力と、トランプ陣営に非常に近しいその立場を利用して、歴史的に疎外を受けてきた人々が、あなた自身が受けてきた特権をあなたと同じように享受できるよう、尽力してくれるように、私たちはお願いします。

敬白

クラスメート50名の名前・・・・・

salon.com:An open letter to Jared Kuchner from your NYU low school classmateより


by mllegigi | 2017-02-01 01:20 | 好きな場所、もの、ことば、ひと