2017年 03月 14日

朝食のジャムと蜂蜜

夏目漱石の時代はジャムが珍しく、高価であったため、夏目家のこどもたちはほんの少ししか食べさせてもらえなかったようだ。今でもジャムは安くはないと思う。しかし、朝はパン食である以上(ほとんど和食にしたことがない)、ときには自分で作ることもあるけれど、何かしらジャムを買うし、蜂蜜とバターの組み合わせもおいしいなあと思っている。フランスパンにつけるなら、何を試しても、結局、蜂蜜とバターがいいというのは、友人に教えてもらった。
a0140789_17425395.jpg


by mllegigi | 2017-03-14 11:25 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク


<< 鯛のピザ風      ピーナッツバタークッキー! >>