マドモアゼルジジの感光生活

まるでフレンチに見える鶏のトマト煮込み oishii

a0140789_0392976.jpg
a0140789_1646167.jpg


          離乳食時期も活躍のフレンチ
          
          これは、NHKの今日の料理に載っていたものと、
          神戸で受けた料理教室のレシピをもとに、
          母が長い年月を経て、作りやすいように変えたレシピです。
          お惣菜風フレンチでもあるし、
          早くから煮込んでおけるのでお客様向きにも。
          もちろんワインも合います。
          おまけに、離乳食時期の子どもには、
          鶏肉を裏ごしすることで、大活躍したメニューです。

          秘蔵の作り方です               
          たいしたことないけれど。

          材料=たっぷりの2人分           
          
          鶏もも肉280gを2枚=500gあればいい
          玉ねぎ中1個=薄切り
          ピーマン2個=粗く切る
          にんじん小1本=薄切り
          トマトホール缶1個
          ケチャップ大3
          白ワイン150cc
          ローリエ2枚
          砂糖小2
          水カップ5+コンソメキューブ1
          塩こしょう少々

          作り方

          1鶏肉=半分に切って汚いところは処理し、水分を拭き取り
          小麦粉をまぶしてフライパンでこんがり焼きめをつける。


          2上記材料の鶏肉以外のものを鍋に入れ、やや煮たところへ、
          1の鶏肉を入れて、ことこと(中火の弱火)、鶏肉がやわらかくなり、
          煮汁が、まろやかにとろみを帯びるまで、煮込んでいきます。


          3鶏肉を取り出し、煮汁をシノアで漉して、きれいなソースに仕立てます。


          4もう一度、ソースと鶏肉を合わせていただく前にお鍋であたためる。


          付け合わせには、マッシュポテトを。
          じゃがいも中5個、細かく切ってやわらかくなるまで煮て、
          粉ふきいも状態にし、裏ごし器で漉す。
          鍋にそれを入れ、ミルク、塩、ほんの少しの砂糖で、なめらかに。
          バターは入れません。
          ミルクの量は思いのほか多くてもおいしいと思います。
          少ないと固くなってしまいます。

by mllegigi | 2009-12-02 17:32 | ごはん