2009年 12月 17日

母のおでん

a0140789_9222223.jpg
a0140789_921558.jpg

          お鍋ひとつ煮込んで気持ちもぽかぽか

          母のおでんは、材料を一度に入れてしまって、
          さっと炊き込んで、さっと出来上がってしまいますから、
          本格的とは言えないにしても、
          できたての熱いのをいただくには、充分かな。
          厚揚げと、卵と、お大根、じゃがいも。
          それさえあれば。
   
          材料には
          *大根=2cmぐらいの輪切り
          *にんじん=1cm輪切り花型にきる
          *こんにゃく=塩揉み=ゆでて=三角に切る=
           しみ込みやすいように表面に切れ目を入れる。隠し包丁。
          *じゃがいも=中くらいのは1つそのままでも=煮くずれないように。
           母は入れませんが、私は入れます。
          *たまご=ゆでておく。
          *ちくわ=そのままでも、半分でも
          *天ぷら類=そのままでも、半分でも
          *厚揚げ(これは関西的なものかも)=三角に
          *おもちのふくさ包み=市販のを使っても=
           今日はがんばっておあげの角を使い、お餅を小さく切ってつめました。
          *たこ=ぶつ切り=ゆでておく
          
          作り方は、改めて書くまでもないけれど
          うちの子たちのためにおつき合いください。

          1 時間があれば、昆布と鰹でとったおだしを使います。
             なければ、だしパックを多めに使う。

          2 お鍋にまず、材料を全部入れて
             だし汁を加えます=材料がかぶるくらい。

          3 お酒、みりん、しょうゆ、ちょっとお塩、ちょっとお砂糖も。
            まず薄い味から始めます。
            ここからは、沸騰させないように煮ます。
            ことこと1時間。

          4 火を止めて、冷まします。
            味が染みるのを待ちます。
            お食事前にもう一度あたため直し、味の調節をします。

................................................................................................................................... 

           おだしにこくが出るように、鶏肉を使ったり、すじ肉を加えたり
          大根などもお米のとぎ汁で煮て下準備し、
          みりん、お酒は煮切ってアルコールを飛ばしておくなど、
          手間をかけるとおいしさが増すのでしょうね。
          練り物も、本来あまり煮過ぎない方がいいようです。         

by mllegigi | 2009-12-17 10:48 | ごはん


<< 山の芋のおすまし風      鶏ミンチで作る簡単ペースト >>