2010年 01月 02日

牛肉のシチュー・パプリカ風味の夜

a0140789_1895854.jpg

          お正月二日目のメインデッシュに。
         
          おせちはお祝いの席ではお酒のお供になりますが、
          男性陣や子どもたちを満足させるメインデッシュにはなりません。    
          一日目夜のメインは銭屋のブリに茶碗蒸し。
          二日目はこのシチューとサーモンパイの組み合わせになります。
          これは、年月とともにそうなってしまいました。
          30日か、31日ギリギリに
          おせちと同時進行で煮込んで、煮汁を漉しておきます。 
          20年以上前の水野邦昭氏のレシピに出会ったのが
          ベースになっています。
          彼の潔いスマートなフレンチは、今も、古くなることがありません。        
          
          材料
          
          牛肉もも肉あるいは、いちぼを1kg
          玉ねぎ中2個
          にんにく2片   
          パプリカ大2
          トマト缶(400g)1
          白ワイン200cc
          ブイヨン800cc〜
          ロリエ2枚
    
          作り方
          
          牛肉は大きく切って塩こしょう。
          玉ねぎは角切り。
          にんにくはつぶして中の芯をとる。
          
          フライパンに油を熱し、肉を入れ充分に焼き色をつける。
          鍋にバター20g、油大2を熱し
          玉ねぎとにんにくを軽く炒める。
          
          パプリカを加え混ぜ、トマト缶(トマトはつぶしておく)
          を汁ごと加える。

          そこへ白ワイン。軽く煮詰め、肉、ブイヨン、ロリエを加える。
          あくとりをしながら、ふたをし、なべぞこがひっつかないように
          かき混ぜて、弱火で2時間30分は煮込みます。

          仕上げ=肉を取り除き、煮汁はシノアで漉します。
          漉してきれいになったソースを再び煮立て
          そこに、肉を戻して、様子を見て、必要ならば、
          コーンスターチでとろみをつけ、
          味を整える。

          つけあわせには、
          マッシュポテトとクレソンを。         

by mllegigi | 2010-01-02 18:55 | ごはん


<< とっておきのサーモンパイ      マチェドニア >>