マドモアゼルジジの感光生活

カテゴリ:お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク( 54 )

魔女のパンプキンチーズケーキ

かぼちゃのお菓子がおいしいのはなぜ?
北海道産の黒王を使いました。
濃いかぼちゃ色が出ます。flourlessです。
a0140789_12172958.jpg

材料と作り方
今日の分量変則的です。家に合った材料で作りました。
フィリングはいかようにでもなるような気がします。
<台>
マクビティのダイジェスティブビスケット150g
バター50g
<フィリング>
クリームチーズ基本200g(フェラデルフェアの1箱)今日はさらに+36g
サワークリーム基本180g(中沢の1本)今日はうちに90gしかありませんでした。
パンプキンピュレ基本200g程度のところ、今日はかぼちゃ1/4=ピュレ正味270g
砂糖60g
バニラエキストラクト小さじ2
シナモン、ナツメグ、クローブなど少々
卵1個
卵黄2個
*先にかぼちゃの皮をむき、3cm角目安に切り、
やわらかく煮て(レンジでも)裏ごしておく。
*20cmの側面がはずせるスポンジケーキ型を用意します。
ダイジェスティブビスケットをビニール袋に入れ、
めん棒でどこまでも細かくし、気になるようなら、すり鉢でさらにする。
室温に戻したバターといっしょに混ぜ、
手でしっかりとなじませながら、型に敷き込み、冷蔵庫へ入れておく。
*やわらかくなったクリームチーズとサワークリームとパンプキンピュレを
ハンドミキサーで撹拌します。
*次に砂糖と卵とバニラエッセンスとスパイスを入れ、なめらかになるまで軽く撹拌。
ここで、生クリームを大さじ1程度加えることも。
*チーズがダマになっていないかどうか、裏ごしの必要を見極めて型に流す。
型の上に、表面が焦げないようにアルミホイルをかける。
型の下にも、湯が入らないようにアルミをかぶせる。
*150℃~160℃にあたためたオーブンで1時間半を目安に
天板に水を少し入れ、蒸し焼きにします。
最後の5~10分は上のアルミホイルをはずします。
*充分に冷ましてから、冷蔵庫で固めて供する。
*型から出しにくいときには、70℃くらいの湯に一瞬底をつける。
「温めたナイフ」で切り分ける。残りは冷凍可。
by mllegigi | 2012-10-29 13:05 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

エルムウッドのスコーンみたいに。

a0140789_1653254.jpg
エルムウッド(プリンスエドワード島)の朝食に
キャロルさんが焼いたビスケット(と表現していたと思います)は、
不思議な形をしていました。下の写真がそうです。
a0140789_17222081.jpg
どうしたら真ん中に,丸い円筒状のものができるのか。
ある日、偶然、それとおぼしき、古い木型(19C末)を見つけました。
a0140789_200115.jpg
なんのことはない、ドーナッツ型です。
抜けてしまった真ん中の部分は、そのままにしておくと、
焼き上がったときに、ちゃんとくっついています。
a0140789_1653853.jpg
a0140789_16525986.jpg
a0140789_16525087.jpg
スコーンのレシピ(拙著『洋書のようなシンプルクッキーとケーキの本』より)
薄力粉220g
ベーキングパウダー小さじ2と1/2
ベーキングソーダ小さじ1/4
グラニュー糖(何でもいい)小さじ2
塩ひとつまみ
バター50g
卵黄1+ミルク=120ml(目安です)
by mllegigi | 2012-10-22 17:35 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

アンの島風キャロットケーキ

プリンスエドワード島のキャロットケーキは
アイシングが淡雪のようにやわらかく、軽くてチーズ臭を感じなかった。
それほど新鮮であったのでしょう。
近づけるために、ホワイトチョコレートと生クリームを泡立てて入れてみます。
にんじんたっぷり、ふわふわケーキのできあがりです。
同じ好みのかたがあれば、うれしいのですが。

島のお店で求めた古いティーカップ。
お店から出て数歩歩いたところで、不覚にも袋を落とし、カップを割りました。
写真のソーサーだけが残りました。
a0140789_1455446.jpg
材料と作り方
*計量する。
粉類は全部いっしょのボウルに入れる
小麦粉 150g
ベーキングパウダー 小1/2
ベーキングソーダー 小1/2強
塩 小1/4
ココア 大1/2
シナモン 小1
ジンジャー 小1/4
ナツメグ 小1/4
…………………………………
砂糖 グラニュー糖 80g
   茶色い砂糖 50g
…………………………………
キャノーラオイル 100〜120ml(多いほどしっとりする)

*用意しておくこと
オーブン180℃にあたためておく。
卵2個は冷蔵庫から出しておく。
レーズンを熱湯につけてやわらかくし、粗く刻んでおく 70g
型(22.5x22.5の角型)にバターを塗り、粉をはたいておく。
オレンジの皮をすりおろす 1/2個分〜1個
にんじんを粗い目ですりおろす 230g(皮を剥いたもの)
バニラエッセンス 小1
ナッツやくるみなど適宜お好みで。
………………………………………………………………
ここまですめば、あとはかんたんです。

1 ボウルに卵を割り入れ、ハンドミキサーでよくかき混ぜる。
2 そこにオイルを少しずつ加え、まったりするまで混ぜる。
3 砂糖を加えて、よく混ぜる。
4 ここで、ゴムベラに持ち替え、水気を切ったにんじんとレーズンとエッセンスを加えて混ぜる。
5 粉類をふるい入れ、切るようにしながらよく混ぜる。
6 型に流し、180℃に温めたオーブンで35分〜45分目安焼く。
  焦げすぎて、周囲が固くなってしまわないように時々見張って。
7 型から出し、クーラーで冷ます。

焼いている間に作ります。
アイシング
たっぷりつけると、足りないかもしれません。量は適宜。
ホワイトチョコレート 100g
バター 20g
パウダーシュガー 20g
クリームチーズ(フェラデルフェア6個入りになったもの1個)=20g
サワークリーム 大さじ1
生クリーム 50ml
レモンの皮をすりおろしたもの 小さじ1/4程度、少々
レモンのしぼり汁 数滴

1 ホワイトチョコレートを湯煎にかけてとかす。
2 まだ熱いうちに、バターを加えてよく混ぜる。
3 クリームチーズ、サワークリームを入れて混ぜる。
4 甘さが足りないようならパウダーシュガーをお好みで加える。
5 全部きれいに混ざるまで、泡立て器で混ぜ続ける。
6 生クリームを泡立てたものを、加え、
7 さらに全体をハンドミキサーで混ぜました。
8 冷蔵室、もしくは冷凍室に入れておく。
チーズとバターで作るアイシングは日本で作るとなぜかとてもきびしい味になると思うんですね。

ケーキが焼き上がって冷めたら、
好みで(4x4)16等分、あるいは(3X3)9等分にする。
ケーキ個々を、お皿に盛り、
冷蔵室(冷凍室)から取り出して、少しやわらかくなったアイシングを上から塗る。

by mllegigi | 2012-09-14 15:45 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

サマーフルーツジュース

くだもの(なんでも)とトマトを合わせたり、
はちみつ大さじ軽く1杯とお酢少々を足したりしてミキサーにかける。
あるいはフルーツカップ、フルーツコンポートを作り、
(ともにくだものを一口大に切り、砂糖、バルサミコ酢、キルシュ、ワインなどを好みで加えて
冷蔵庫で冷やす)ときにはフルーツで暑さをしのぎたい。
a0140789_14242345.jpg
a0140789_1424893.jpg
a0140789_14235579.jpg

by mllegigi | 2012-07-20 16:34 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

クラシックなサンドイッチ

卵と
ピーナッツバターと
きゅうりと
トマト&バナナ&昨夜のポテトサラダの4種。2人分。
バナナが気に入っています。
お豆腐のお味噌汁にほうれん草を浮かせたものといっしょに昼食。
a0140789_2311887.jpg

by mllegigi | 2012-06-25 23:35 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

オレンジ・アンブロシア

オレンジの上にココナッツを振りかけたり、生クリームを添えたりもするらしいのですが、
単に果物を切り分けてお皿に盛り、花の力を借りました。デザートに。
アンブロシアとは、辞書によると、
不老不死になるというギリシャの神々の食べ物のこと。
「オリュンポスの大神が住む宮殿の大広間では
また、大勢の神々が神さまの食べ物と飲み物であるあのアムブロシアーとネクタルとで
毎日饗宴をもよおしていました。」と
『ギリシャ・ローマ神話』(トマス・ブルフィンチ 角川文庫)に
楽しそうな記述があるのを見つけました。
a0140789_1651814.jpg
材料と作り方
清見オレンジ(セミノールオレンジ、ニューサマーオレンジなど季節の柑橘系)
バナナ
はちみつ
食用花など(おうちで作ったパンジーの花などなど)
適宜人数分用意して、オレンジは房から出しやすい形状であればひとつずつむいておくが、
壊れやすいものなら、横にスライスし、さらに2等分していただきやすいように。
バナナはレモンをしぼって色止め。上からはちみつをまわして、冷蔵庫で冷やす。
by mllegigi | 2012-04-27 01:22 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

レモンスポンジケーキ

現在2時。3時のおやつまであと1時間。
そんなときは、おいしいケーキ屋さんに駆け込むのがいちばんです。
が、おうちで作るとなると、どうしましょう。
レモン1個さえあれば、大急ぎでできるスポンジケーキを。
甘さひかえめ、油脂分なし、レモンでしっとりさわやか。
ふわふわやわらかく、どういうわけか、
今年の春の気持ちにぴったり寄りそう軽いケーキなのでした。
a0140789_162498.jpg
a0140789_1622388.jpg
a0140789_1624943.jpg
a0140789_1634366.jpg
材料と作り方直径18cmの丸型1台分
(砂糖、薄力粉はごく少なめ)

卵黄3個
卵白3個
砂糖60g
薄力粉30g
レモン汁1個分(25cc〜)
レモンのすりおろし1個分

1ボウルに卵白を入れ、砂糖をすこしずつ加え、ハンドミキサーで固く泡立てる。
2そこに卵黄を加え、さらに、しっかり泡立て、粉をふるいながら混ぜ込み、
 レモン汁とレモンのすりおろしを加えて混ぜる。
3バターを塗って粉をはたくか、紙を敷いたケーキ型に生地を流し込み、
 目安170℃(150~180℃それぞれのオーブンの説明書の指示に従う)40分〜目安に焼く。
4クーラーにとって冷まし、
 気が向けば、生クリーム150ccを砂糖大さじ1とラム酒少々を入れて泡立て、
 ケーキの表面に塗ったり、何かで飾ったりする。 
by mllegigi | 2012-04-16 17:50 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

いちごのカスタードパイ

あるお店で、シシカバブー(ケバブ)が出たとき、
串から力任せに外したお肉が、恐ろしい勢いで空中飛行。
あろうことか、隣席で静かに歓談中の老紳士淑女たちを襲いました。
それ以来、パイ皮でさえ、フォークで簡単に崩れるようにと、おびえています。
ほんと、固く焼き上がったタルト生地が苦手であります。
a0140789_15422560.jpg
a0140789_1864437.jpg
a0140789_16203469.jpg
a0140789_16163121.jpg
タルト生地はタルトタタンの生地と同じ。
バターと小麦粉(強力粉と薄力粉を混ぜて)の割合は1:2が黄金比。
好みで配合を変えて。
カスタードはガラスのボールを使い、湯煎で作るのが好き。
ちょっとした手間だけれど、これくらい、だいじょうぶ。
できあがったものはそのままガラスで冷やせますから。
粉っぽかったり、ミルク臭がきつかったり、しないように、気をつけています。
上にのせるくだものは洋梨でも、なんでも。
くだもののうえから、ジャムをといたものをかけてつや出ししてもきれいです。
ここは潔く、粉砂糖だけでさらりと。

[タルト生地]
薄力粉80g
強力粉40g〜45g
バター70g
グラニュー糖15g
卵黄1
水 小さじ1
塩 ひとつまみ

[カスタードクリーム]
卵黄3
グラニュー糖50g
薄力粉25g プラスマイナスお好みで。
牛乳320ml
バニラビーンズ1本
どちらも拙著『洋書のようなシンプルクッキーとケーキの本』より
「タルトタタン」「チョコレートパイ」に記載のタルト生地、カスタードクリームの作り方と同じです。
by mllegigi | 2012-03-16 18:34 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

幸せジャムロール

石井好子さんのエッセイに
父母が長生きしてくれたので、
「いつまでも子供でいられる。愛される幸せを長いこと味わった」
とあったのを思い出す。
a0140789_16204955.jpg
a0140789_1744768.jpg
a0140789_1620377.jpg
a0140789_16191533.jpg
材料と作り方30x22cmのバット1台分
薄力粉40g(あるいは50g)お好みで。
砂糖40g(あるいは50g)
卵2個
いちごジャム=1パック分をジャムにしたものなど、
あるいはおうちで作ったりんごジャム(生地と同色になりました)
粉砂糖適宜

*卵白2個を砂糖を少しずつ加えながら、ハンドミキサーでツノがぴんとたつまで固く泡立てる。
*卵黄をひとつずつ入れ、さらに泡立てる。
*粉をふるいながら加え、さっくりと混ぜる。
*クッキングシートを敷いた天板に流し入れ、190℃で15分目安。
 竹串を刺してなにもついてこなければできあがり。
*ぬれふきんを広げ、紙をはがして、そっとおく。
*好きな面にジャムを塗り、ふきんを使ってくるくる巻いていく(長い辺を横にして)。
*落ち着くまで5分ほど、ふきんにつつんでおく。
*上から粉砂糖をふりかける。
by mllegigi | 2012-03-03 19:34 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

鬼まんじゅう

いつも思う。「鬼」というのが、チャーミング。
何を試しても、結局この作り方に戻ってしまう。
母が45年前から作っている、従姉の大好物。
a0140789_14573434.jpg
材料と作り方4個分
薄力粉100g
ベーキングパウダー小さじ2
塩ひとつまみ
砂糖30g前後
水大さじ4最大 少し固めだったり、少しやわらかめだったりは好みで調節。
        大さじ4は好みですが、やややわらかめ。
さつまいも100g前後

*さつまいもは皮をむいて、7mm角に切っておく。
 時間があれば水で洗って水気をふき取っておく。
*水で砂糖を溶かしたボウルに、粉類(薄力粉+BP+塩)をふるい入れ、
 さつまいももいっしょに混ぜる。
*蒸し器にぬれぶきんまたはクッキングシートを敷いて(敷かなくても)蒸気をたてたところに
 4等分して丸め、並べる。
*10~15分蒸す。
by mllegigi | 2012-03-01 15:39 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク