マドモアゼルジジの感光生活

カテゴリ:お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク( 54 )

ピオーネのシロップ漬け

ジャムにするにしろ、
とりあえず、シロップにつけよう。
それで、ひたすら剥きました。
a0140789_1551524.jpg
a0140789_15533347.jpg
材料と作り方
ピオーネを剥きます。
シロップを作ります。
水:砂糖=3:2の比率で、適宜。
鍋に入れ、沸騰させたところに、ぶどうを加えて、
さらに沸騰させ、あら熱が取れたら、ビンに入れます。
冷蔵庫で保管。
アールグレイティに3粒ほど落として。
by mllegigi | 2011-07-11 16:23 | お菓子・デザート・ジャム・お茶

いちごスクエア

つめたいのをひとくち。
ただのいちごの寒天です。
まるでケーキみたいに正方形に切り分けて。
デザートに。疲れたときにも。
a0140789_23361162.jpg
a0140789_2335690.jpg
材料と作りかた
いちご1パックと半分
寒天小2本
砂糖大さじ5〜お好みで。
水500cc
ほかにレモンとふりかけ用の砂糖適宜
*いちごはスライスして、層になるようにバットに並べておく。
 ぱらぱらお砂糖とレモンをまぶしておく。
*それぞれの寒天の袋の指示通りに。
 まず水でふわふわの状態にしておく。
 軽くしぼって、鍋に入れ、
 水と砂糖を加えて煮とかし、網で漉す。
 寒天の量はお好みで調節。
*やや冷めたら(60℃)14x16cmのバットに入れて固める。
by mllegigi | 2011-01-11 23:55 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

マチェドニア oishii

a0140789_16325646.jpg
a0140789_16265692.jpg

おせちの合間に冷たいものを。
マチェドニア(伊)には「混雑」の意味があるそうな。


お部屋は暖房もよく効いています。
なにか、ちょっとすっきりするものが
欲しくなります。
          
りんごでもぶどうでも季節の果物なら
何でもいいようですが
バナナと柑橘系はぜひとも。
          
目安4人分
バナナ1
いちご1パック
キーウイ2個
ぽんかん1個
パインの缶詰小1
白桃の缶詰1
砂糖大1
果実酒少々
レモン汁少々
ミント少々

量は適宜人数を考えて。
全部小さく切ります。
レモンを搾って、グラニュー糖を少し。
冷蔵庫で30分。水分が出てきたらいい感じです。
お酒はもりつけてから、ふりかけます。
小さな子どもにはお酒なしで。もちろんですが。

by mllegigi | 2009-12-30 16:56 | お菓子・デザート・ジャム・お茶

Christmas Strawberry Sponge

a0140789_1645052.jpg
a0140789_16111561.jpg
a0140789_16134230.jpg
a0140789_1614860.jpg
a0140789_16161526.jpg
a0140789_16355958.jpg
a0140789_16193866.jpg
a0140789_16201179.jpg
a0140789_16215629.jpg

おうちで作るんだもの。
安全な、いい材料を使いたい。
だけど、凝らない。飾らない。いじらない。こどもっぽくならない。
レシピは、母のオリジナル。
バター、オイルは入りらず、卵と砂糖の風味がしっかり出ます。

材料20cmの丸型1台分
卵中4個
砂糖90gここはお好みでプラスマイナスしてください。
小麦粉90g 
生クリーム1箱(200ml)+ラム酒少々+好みの砂糖
いちご2パック
いちごジャム1瓶適宜
作り方
グラシン紙を型に敷きます。
卵は、卵白と卵黄に分け、卵白から泡立てます。
卵白の泡立てがうまくいけば、うまく焼けます。
泡立ての際、どういうぐあいか、お砂糖を入れると水っぽくなり、泡だたないときがあります。
一度にざっと砂糖を入れても泡立つときもあるのですが、
砂糖は少しずつ、ようすを見ながら入れるのが失敗が少ないような気がしています。
水滴、油分、卵黄が混じってしまった、なども、失敗の原因になるとされています。
ちょっと気をつけて下さい。うまくいくときは、うまくいくんですけれど。
その中に砂糖を入れて固くなるまで泡だてる。
そこへ卵黄1個ずつ入れてさらに泡立てる。
小麦粉をふるいにかけながら、高い位置から(空気を含ませるため)切るようにして混ぜ合わせる。
型に流し入れ、空気を抜くようにテーブルの上でとんとんして、
オーブンは150℃ 55分。
竹串を刺して引っ付いてこなければできあがり。
できたがったら、冷まして数時間〜一晩、型をかぶせてしっとりさせる。
二段に切り分け、まず下の段に、ジャムを塗る。
スライスしたいちごに砂糖少々をふりかけたものをたっぷりと置く。
この部分がおいしいので、いちごはたくさん使います。
最後に生クリームをのばす。
今度は、上の段の、焦げたほうの面(この面が下の段と接触して、サンドイッチになります)に、
またジャムをうすく塗り重ねる。
一番上には、生クリーム。
お好みで、軽くしたり、重く塗ったりします。
すぐにはいただかず、冷たい部屋か、冷蔵庫に移動させ、しばらく馴染ませる。
残ったのを冷蔵庫に入れておき、次の朝、いただくのも好き。
いちごは、横に寝かせて飾ります。
葉もそのままいかして、赤と緑のクリスマスカラーに。
とても、背の高い立派なケーキができあがるはず。

by mllegigi | 2009-12-24 17:39 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク