<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 28日

にぎやかな夜のミートローフ

簡単なのにできあがったとき、
うれしくなります。


材料と作り方(4人分)
牛肉のミンチ300g~
玉ねぎ大1と1/2個
パン粉大5〜適宜
牛乳適宜
卵1個
ナツメグ、塩こしょう少々
ゆで卵3〜4個
ピクルス20個

ハンバーグの要領で
ボウルにミンチ、たまねぎのみじん切り、パン粉、卵、ナツメグ、塩こしょう、牛乳など。
よく練ります。できるだけやわらかく。

あらかじめ油を塗っておいたパウンド型(22x9x7程度)に入れて
真ん中にゆで卵を横長に隠します。ピクルスも散らばらせます。
オーブン170℃50分。

付け合わせのお野菜は
にんじんのグラッセ、生椎茸とピーマンの炒めたもの、クレソンを間に敷き詰めて。
ケチャップと中濃ソースをあわせたものをかけたり。
人数が多いときはパウンド型をもう一本。
小さな子どもが遊びに来るような日の献立として、
ミルクをたっぷり入れたマッシュポテトとともに。

a0140789_21132274.jpg
a0140789_2114241.jpg
a0140789_21142385.jpg


by mllegigi | 2010-04-28 22:01 | ごはん
2010年 04月 26日

アボカドサラダ

まず、彩りありき。

3〜4人分目安
アボカド=タネを取って幅5mmに=1個
トマト=八つ割り=2個
ゆで卵(人数分)=それぞれ6つ割り
オニオン=スライス=1/2個
きゅうり=乱切り=2本
紅鮭のスモークサーモン=一口大に=一袋、適宜
ソースはマヨーネーズに砂糖少々、レモンをしぼって合えたものを。
ブラックペッパーをきかせて。
a0140789_16311052.jpg


by mllegigi | 2010-04-26 16:42 | ごはん
2010年 04月 25日

春野菜と丸干しの天ぷら

丸干しを天ぷらにいかがでしょう?

こごみ、せり、いんげん、なす、さつまいも、桜えびと新たまねぎのかきあげ、丸干しの天ぷら。
丸干しの天ぷらはあまりなさらないのではないでしょうか。
この天ぷらは父が考えついて以来のものですが、
ある日テレビでも紹介されているのを見て、
僕と同じだと、得意になっていたのを思い出します。
丸干しのパックを買ってきて、
天ぷら粉につけてあげるだけですから
下準備もなし。
カルシウム補強に。
天ぷらの衣は薄力粉:水=3:2目安
それにベーキングパウダーを少し加えます。
(今日は黄身を加えませんでした)
あまり混ぜすぎないようにささっと粉を仕上げて、
野菜は洗って適宜一口大に切る。
順次、揚げていきます。桜えびと新玉ねぎ=スライスにして=は最後に粉の中に入れて、
一口大の一かたまりにして揚げます。170〜180℃。
大根おろしと天つゆ、あるいはお塩で。

<うるめの丸干しについての補足>
イワシの中でも一番あっさりした味のもので、
人差し指サイズのものを良く干して、水分をとばし、旨味を凝縮。
頭から丸ごと食べることができる=いちばん下の写真。
a0140789_19202870.jpg
a0140789_19212052.jpg
a0140789_19205666.jpg
a0140789_8342915.jpg


by mllegigi | 2010-04-25 19:51 | ごはん
2010年 04月 23日

George Enescuを聞きながら。

ジョージ・エネスク(1881~1955)は、ルーマニアの作曲家、ヴァイオリニスト。
彼の音楽に弱いのです。

a0140789_1924091.jpg

             

by mllegigi | 2010-04-23 19:03 | 音楽
2010年 04月 22日

トマトカップサラダ oishii

さっぱり涼やかなサラダで、メインが揚げ物のようなとき、
ときどき無性に作りたくなります。
これも、母からの。

材料4人分
トマト4個
かに缶詰でもお刺身用でも適宜
きゅうり2本(かにがたくさんなら1本かな、適宜調節)
セロリ1本
塩こしょう少々
マヨネーズ大3〜適宜

安定のことを考えるとトマトの緑がついているほうを下にして、
反対側を切り取る。
中をくりぬいて、タネをはずし、その身を細かく刻む=水分は軽くとる。
きゅうりは細い千切りにし、塩揉みして水分は十分とっておく。
セロリはみじん切り。
用意したかにもよくしぼって、
すべてを合わせ、マヨネーズ大3〜目安、塩こしょうも加えて混ぜる。
トマトの中に、詰める。
a0140789_17582739.jpg
a0140789_17591855.jpg
a0140789_17573011.jpg


by mllegigi | 2010-04-22 18:21 | ごはん
2010年 04月 22日

車海老の塩焼き

生きた車海老を大騒ぎでわらの中からつかみ出し、
ビニール袋に入れて冷凍庫に。
海老を解凍し、水で洗い、背わたを取り、ひげと足は、はさみで処理。
アルミホイルに並べ、塩をふって、
コンロに網を置いたうえで、焼きます。
ししとうとレモンを添えて。
a0140789_92576.jpg


by mllegigi | 2010-04-22 09:41 | ごはん
2010年 04月 21日

生椎茸の変わり揚げ

a0140789_15244165.jpg

ぜひ揚げたてを。

昔々のNHKの『今日の料理』に載っていたものを母が長い間作っていて、
元になったレシピがどうであったか、もう、わからなくなってしまいました。

4人分の材料と作り方
生椎茸=ひとり3つは必要です。というわけで最低12個。余ればおべんとうにも。
鶏ミンチ=200g〜
玉ねぎ=小1個=みじん切り〜
マヨネーズ=大1〜お好みで。
塩少々

*生椎茸の石付きを切り落とし、洗ってよくペーパータオルで水気をとり、
 両面小麦粉をはたいておく。
*鶏ミンチ、みじん切りにした玉ねぎとマヨネーズ、塩をよく混ぜる。
*大1〜2ぐらいの混ぜたミンチをうすく(というのは揚げやすいように)石付き側に塗る。
 もし、ミンチが残ってくれば、鶏団子に丸め、揚げておきます。
*天ぷらの衣(薄力粉:水=3C:2Cに黄身1が基本。
 適宜必要量を見極め、衣を作ります。適当でもなんとか。
 私は黄身なしでベーキングパウダーを小1ぐらい入れます)
 を作り、くぐらせ、ミンチ側を下にして両面、油170℃〜180℃で揚げる。
*揚げたてに塩とぎゅっとしぼったレモンでも、ポン酢に大根おろしでも。


by mllegigi | 2010-04-21 16:59 | ごはん
2010年 04月 21日

黄色い壷鍋が記憶していること。

南仏のどこかで
道すがらに見出されたこの古い壷鍋は
何を記憶しているのでしょう。

プロヴァンスのラヴェンダーの香りや
ときおり窓辺を射す強い光。
農家の台所のコンロの縁。
朝、くみ出されたばかりの冷たい水の感触。
若い女性のやさしい手の温もり。
そっと置かれた戸棚の中の静寂。

a0140789_7493694.jpg


by mllegigi | 2010-04-21 07:58 | 古いもの
2010年 04月 20日

私のブイヤベース

a0140789_05553100.jpg
a0140789_0562533.jpg

ブイヤベースは
なかなか大変な迫力で出てくるものなのです。
なにしろ、お魚の種類も量も多い。

お魚が苦手な私は、特別なことは何もしないで、
好きなものだけを入れる。
こんなブイヤベース、つくるひといるかしら。
サフランも使わず。
じゃがいもを入れるのは、ミッシェルというブイヤベースのお店みたいに。

3人分目安=所要時間30分はかからない。
鯛の切り身3切れ
車海老 12匹
あさり 2パック1000円分くらい
トマト缶 1/2缶
チキンコンソメ3個
たまねぎ中1個
にんにくひとかけ
じゃがいも1kgと少し
塩こしょう少々

ソース用にはマヨネーズ+にんにくの擦ったもの+塩こしょう+チリパウダー少々

*魚、車海老=お酒を入れて沸騰させた湯にくぐらせ、魚は半分に切り、皮もむく。
*あさり=砂出ししたものを求め、よくこすりあわせて洗っておく。
*じゃがいも=皮をむいて4〜5等分にしておく。
*玉ねぎ=
*にんにく、たまねぎ
 =うすくスライスし、
 大きななべ(ルクルーぜなど)にオリーブオイルを引いて、炒める。
*そこに湯適宜とトマト缶、チキンコンソメを入れ、じゃがいもをやわらかくなるまでゆでる。
*次に魚の切り身と海老を入れる。
*魚がゆだったら、すぐあさりを入れ、貝が開くのを待つ。
*塩こしょうで味を整える。

ソースはマヨネーズににんにくの擦ったのを少し加え、
塩こしょう適宜、チリパウダーを少し。
海老や白身魚につけます。

短時間でできますが、
ちょっと時間をおいた方がいいおだしが出て味が馴染むように思います。


by mllegigi | 2010-04-20 09:41 | ごはん
2010年 04月 10日

向田邦子さんの里子トマトサラダ

a0140789_12264065.jpg
a0140789_12271176.jpg

          新たまねぎもいっしょに春の食感。

          向田邦子さんのトマトサラダは大葉を使います。
          『向田邦子の手料理』では、
          黒い陶器のお皿にのせて、赤と緑が映える料理写真が印象的でした。
          
          さっぱりしたサラダを一品つけあわせたいときに
          重宝します。
          
          作日、京都産のきれいなバジルが、店頭に並んでおり、
          うちに連れて帰らずにはいられなかった。
          大葉の代わりにバジルの千切りをのせ、
          下には新たまねぎを敷き詰めて
          春のサラダの出来上がり。
          ポン酢をかけます。


by mllegigi | 2010-04-10 12:44 | ごはん