マドモアゼルジジの感光生活

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ビストロのコーヒーカップ

a0140789_821652.jpg
a0140789_8203420.jpg
これは1830~40年代フランスのビストロで使われていたという「ブリュロ」。
刻印はクレイユ・エ・モントロー。大きさは8cm(持ち手までは11cm)x8cmほど。
熱いコーヒーを飲んだあと、温まったカップの裏の凹みに
ディジェスティフ用のお酒を入れて、楽しんだそうな。
この時代のフランスは
革命が起きると反動で王政復古し、
その反動でまたもや7月革命が起きるような不安定な時期。
ビストロではどんな話題に花が咲いていたものか、
180年ほど前の、愚直なまでに白く、不必要なまでに厚みがあって重い、
コーヒーにも食後酒にも、という一石二鳥のコーヒーカップ。
過去の喧噪もいっしょに流しこむ。

by mllegigi | 2010-07-27 09:15 | 古いもの

夏野菜ひもとうがらしの甘辛炒め

a0140789_1592180.jpg
ひもとうがらしは、緑が濃く、甘くて、やわらかい。
大和(奈良)の伝統野菜のひとつ。
伏見甘長とうがらしの仲間ですが、
ほかのとうがらしで、ひもとうがらしの代用はできません。全然違います。
夏は田楽とこれがあればいいというくらい好きです。
上下を端折って、処理し、よく洗い、
フライパンに油をひいて、おへらで押さえつけるように少し焦げ目をつけながら、
やわらかくなるまで炒めます(新鮮なのものはすぐやわらかくなる)。
お酒、みりん、砂糖、しょうゆで甘辛く味をつけます。
味がなじんだところで器に盛る。
熱いごはんにも、冷たいおにぎりにもよく合います。
おそうめんのつけあわせにも。
卵焼きとつくだ煮、ひもとうがらしの炒めたのは相性抜群です。

a0140789_15101450.jpg
a0140789_1594848.jpg

by mllegigi | 2010-07-10 16:09 | ごはん

薔薇の雨

郵便局の横にある小さなお花屋さん。
お店には愉快なおじさんがひとり。
いちばん安いのを指差して、
オレンジ色の花束をかかえて帰る。
薔薇の雨が降る夢を見た。
a0140789_1620199.jpg

by mllegigi | 2010-07-01 16:38 | 花たち