マドモアゼルジジの感光生活

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

クリスマス休暇はサンドイッチから。

a0140789_13182328.jpg
今朝9時のアポイントメントを忘れたことを思い出して飛び起きる。
ちがう、明日の朝のことだった。

塩こしょう砂糖少々を加えた卵焼きを作り、
長い辺を二等分し、厚みを半分に切る。
きゅうり、トマトはうすく切って塩こしょう適宜、
キャベツとベーコンの炒めたものを用意する。
パンに軽くバター、マスタード、マヨネーズを塗って、具をはさむ。
ぬれふきんをかけて、そのうえからサランラップをし、
重い本をおいて5分。
スープはナトゥールコンパニーオーガニックスープトマトを
使って簡単にすませるお昼ごはん。
食後に熱いハニーレモンジンジャーティを。
by mllegigi | 2011-12-23 14:00 | ごはん

日曜日のかやくご飯

お決まりの。
エリンギ、うす揚げ、にんじんの炊き込みごはん。針しょうが。
西利の日野菜のお漬け物
大和芋のおすまし(ゆずとほうれん草)
鮭とししゃもの子
a0140789_13353038.jpg

by mllegigi | 2011-12-18 14:20 | ごはん

冬空スープ

夫は忘年会へ。
今夜はスープとオムレツ、それにテリーヌもまだ残っています。
届いたばかりのニューフェイスにスープを盛りつけながら、
昨日発表された野田さんの事故収束宣言のことや、
洗面を磨くことや、
友人のお誕生日プレゼントのことや、
ワンダ・ガアグとアルマンドの間にあった恋愛感情のことを考えている。
a0140789_16173695.jpg

材料と作り方(たっぷり2人分あると思います?)
キャベツの葉中くらいの3〜4枚
玉ねぎ小1個
ベーコン40g
にんにく半かけ
じゃがいも小2個
トマト1個
ブロッコリーなど適宜
バター適宜
チキンコンソメ半個〜
塩こしょう少々

*厚手の鍋にバターを溶かし、スライスしたにんにくを炒めて香りを出し、
 1cm幅に短冊切りにしたベーコンを炒める。
*細かく切った玉ねぎとキャベツを炒める。
*水をたっぷり入れ、コンソメを加える。
*ことこと20分。すべての具が、くたくたになったところで、
 じゃがいもの薄切りとトマトを湯むきして八つ割りにしたものを加える。
*じゃがいもがやわらかくなったら、塩こしょうで味を整え、
 火を止める。緑のお野菜を散らせて。
*クルトン(今日は揚げました)にしたパンを添える。
a0140789_165724.jpg

by mllegigi | 2011-12-17 16:46 | ごはん

クリスマスのテリーヌ・アン・ジュレ oishii

a0140789_16325368.jpg
昨今のフランス料理では
ゼリー寄せもテリーヌのグループに入れていいのだそう。
今日はいただきもののローストビーフをかぶせました。
前菜の一品が夜、眠っているうちに出来上がります。
日持ちはしませんが、もう一晩寝かしても、よく味が馴染みます。
写真の赤いお汁は、赤ワインではなくてトマト液。お子様向きです、、、私も。
今年のクリスマスは子どもも帰らず。
これは、お正月の集まりの予行演習となりました。
a0140789_13592279.jpg
a0140789_14363181.jpg
a0140789_13593235.jpg
材料と作り方
どんなお野菜でも作れるみたい。
ブロッコリー、いんげん(ゆでる)トマト、なす、玉ねぎ(炒める)
キャベツや白菜(炒めたり、酢漬けにしたもの)
きのこ類(しばらくは放射能要注意項目かも、と私は警戒していますが)、
断片がきれいなので、はずせないヤングコーン、
オクラ、細い円筒形に切ったにんじんやだいこん、かぶ、オリーブ、ピクルスも。
カニカマ、帆立貝柱、ゆず風味のたらこ、めんたいこ、うずらの卵、湯葉などはどうか。
ローストビーフ、焼豚、オムレツというか卵焼きというか、
スモークサーモン、生ハム、ハム、チキン、ベーコンを使ったりはどうだろう。

今回の分量(22.5x9のパウンド型1台分)
にんじん太いほうから1/2本(多すぎて不評でした)
ヤングコーン
赤、黄ピーマン各1個ずつ
ミニトマト1パック15個くらい
アスパラガス2束12本
りんご1個
ローストビーフ150g

ゼラチン液
コンソメキューブ1個
水200cc~
粉ゼラチン5g=何とか固まる限界です、あと2g足しても。

*<下準備>にんじんは皮をむいて縦にうすく切り、塩を小さじ1杯入れた
 鍋で、やわらかくゆでる。
*トマトはへたを取って、よく洗い、熱したフライパンの上で
 半分つぶれるくらいになるまで焼く。
 焼いたトマトを取り出して容器に入れ、そこから出たお汁を
 別の容器に移し、ゼラチン液を加える。
 トマトだけになった(液のなくなった)ほうには、はちみつとレモンを少量かける。
*ヤングコーンはさっとゆでて、火を通す。
*ピーマン、アスパラガスもそれぞれゆでて、ピーマンは皮をむく。
*りんごは8つ割りにし、皮をむいてうすいいちょうぎり。
 鍋に入れてやわらかくなるまで煮る。
*ローストビーフはうすく切る。
*<ゼラチン液>200ccの水(トマト液を今回に限ってプラスし、総量200cc目安)と
 コンソメを入れて火にかけて沸かし、
 水でふやかしたゼラチンを煮とかす。
*型に型より大きく切ったサランラップをぴったり敷き詰め、
 余った部分は翼のように広げておく。
*入れやすい順番に、にんじん、アスパラ、コーン、トマト、りんごを重ね、
 ゼラチン液を流し入れる。
 ローストビーフを重ねてもう一度ゼラチン液をしみ込ませる。
*余っているラップで、表面を包み、冷蔵庫で一晩冷やし固める。
*型からラップこと取り出し、好きな厚さに切り分ける。
by mllegigi | 2011-12-16 16:24 | ごはん

砂鍋菜心獅子頭

中国揚州の名物料理とか。
獅子頭という名前に圧倒されます。
冬の定番。
りんごを細かく刻んだものをたくさん入れて、
大きな肉団子に。土鍋で25分。
スープも青菜(白菜でも)もいっしょにいただける、あたたかいおかず。
a0140789_21415617.jpg
a0140789_21411534.jpg
a0140789_21404557.jpg
材料と作り方3〜4人分
なるべく豚赤身ミンチ280g
しょうがひとふくろ(大さじ6以上でもだいじょうぶ。たくさん入れる)
九条ねぎ一束〜お好みで(ねぎ3本から4本を、小口に細かく切ると山のようになりますが、
思い切って入れてみて下さい、豚ミンチのくどさを感じなくなります)
卵1個
りんご小1個(大なら1/2個)ふわふわするので、入れすぎない方がいいと思いますが、これもお好みです。
パン粉大2〜適宜固さを調節します。カップ1/2くらいは使うかも。
しょうゆ大さじ1弱
酒大さじ1/2(入れなくていい)
砂糖小さじ1
塩、こしょう適宜
片栗粉適宜
青梗菜、小松菜などの青菜2束以上
<スープ用>
水5カップ〜しっかり具がかくれて、目一杯入れます。それでも途中蒸発する。
チキンコンソメ2個〜
しょうゆ大さじ1〜
砂糖小さじ1
こしょう適宜

*ボウルに豚ミンチ、ショウガとねぎのみじん切り、りんごのみじん切り、
 しょうゆ、酒、砂糖、塩こしょう、卵を入れ、手でよく練る。
 パン粉を加えて固さを調節。やわらかめのほうがおいしいのですが、
 形ができる程度にはまとまりが必要。
 4等分にして大きな肉団子を作る。
*フライパンに油を熱し、片栗粉をまぶした肉団子をこんがりと焼く。
 ここがいちばんやっかいな作業です。
 フライパンの大きさによっては、ひとつか、ふたつずつ、無理をせず、
 ゆっくりしっかり表面が色づくまで焼きます。
 焼き上がったあとの肉団子はペーパータオルの上に載せて、油を切ります。
*肉団子を焼き終わったあとのフライパンの汚れをペーパータオルで取り、
 よく洗った青菜(茎の固いところは切り落として)
 を塩こしょうして炒める。(ここは色をよくするためなので、お客さま用以外は省いて、いきなり鍋の上下に入れることも多い)
*あらかじめ、土鍋に水(土鍋の大きさにもよりますが、肉団子と野菜がしっかりかくれるくらいの量)を入れて湯を沸騰させておきます。
 そこへ、青菜の半分をまず下に並べ、そのうえに、肉団子をそっと置いて、
 しょうゆ大さじ1、砂糖小さじ1、こしょうを加えて、沸騰させたなかに、
 そっと肉団子を入れ、残りの青菜を上にならべる。
*はじめは強火にし、沸騰してきたらあくを取る。
 弱火にして、ふたをし25分〜30分煮る。
 辛ければ、水あるいは湯(分量外)を足す。
 味が薄くなり過ぎたら、しょうゆ(分量外)などで味をととのえる。
*できあがりを土鍋ごと食卓に運んで、まだ、ぐらぐらしているのを、
 ただちにスープ、青菜、肉団子をとりわけ、熱々をいただく。
 写真よりもっとスープが多いといい方がいいですね。
 青菜ももっとたっぷり付けあわせて!

by mllegigi | 2011-12-13 22:41 | ごはん

CHRISTMAS STRAWBERRIES RECIPE

何に使おうかと迷っているうちに、
いただいたあまおうは2日間冷蔵庫で待機。
結局、お砂糖を少々、
元気を小さじ1杯、すてきな計画を大さじ1杯ふりかけて、
デザートに。
a0140789_19272824.jpg

by mllegigi | 2011-12-09 21:11 | 古いもの

サンドイッチを作る。

山型ローフを焼いて、サンドイッチが作りたい。
そんなタイミングがそろう日を心待ちにしていました。
拙いながらなんとか、パンは膨らんで焼き上がりました。
ハム、アボカドを買い足さなければなりませんでしたが
あとはうちにあるもので間に合わせます。
ひとつはトマト、卵(みじん切りにしてマヨネーズで和える)、
ハム、アボカド、にんじんサラダ(オイルと塩こしょう少々)、
ブロッコリーの芽。
もうひとつはキャベツとベーコンの炒めたものとバナナとピーナッツスプレッド。
用意は2人分。はさみきれず、少しあまりました。
a0140789_2046259.jpg
a0140789_20481784.jpg
a0140789_20371537.jpg
a0140789_20265598.jpg
材料と作り方2人分
山型パン4枚=お好みでトーストしておく。
トーストしないときは乾かないようによくしぼったぬれふきんかペーパータオルで包んでおく。
材料は適宜2〜5種程度、用意する。
すべて、はさみやすい大きさに切る。
パンの片面にバター、マヨネーズ、マスタードなど適宜塗る。
そのうえに次々材料を重ね合わせる。
一番上にバターなどを塗ったパンをかぶせ、
ラップをして5分いえ3分くらい重しをおき、切り分ける。
a0140789_20295252.jpg
a0140789_20282459.jpg

by mllegigi | 2011-12-07 21:41 | ごはん

休日の幕の内風

新潟加賀屋の粕漬けが送られてきた。
鮭(カナダ)たらこ(北海道)筋子(北海道)のセット。
さっそく焼いて、お昼にする。
にんじんと大根、昨夜の煮物を型で抜いてみる。
豚のしょうが焼きをすこし、
卵焼き、ほうれん草のごま和え、黒豆、奈良漬け。
ワンプレートごはんと呼んでいいのだろうか。
カフェ用ではきっと、ない。
a0140789_22315878.jpg

by mllegigi | 2011-12-05 21:51 | ごはん

物語を読む日のBanana Muffin

今日は雨。
『ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き』(『GROWING PAINS』)を読んでいる。
『ひゃくまんびきのねこ』の作者が残した青春の日記である。
忘れかけていた「成長に伴う痛み」が再び心に突き刺さるようだ。
長い間私はワンダ・ガアグを男のひとだと思いこんでいた。
マフィンは第2部「男友達、女友達」の半ばで、みるみる膨らむ。
a0140789_1739789.jpg
a0140789_17385228.jpg
材料約6個分
薄力粉100g
ベーキングパウダー小さじ1弱
ベーキングソーダ小さじ1/4弱
塩ひとつまみ
バター70g
砂糖80g
卵1個
バナナ1本
牛乳大さじ1弱

作り方
*室温に戻したバターと砂糖を合わせて、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
*卵を入れてさらにかき混ぜる。
*バナナと牛乳を加え、よく混ぜる。
*粉類をふるい入れて切るように混ぜる。
*マフィン型にバターか油をうすく塗って粉をはたいておくか、
あるいは専用の紙カップをおいて、スプーンなどですくって生地を入れる。
*190℃に温めたオーブンで20分目安。
by mllegigi | 2011-12-05 13:09 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク