<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 22日

野菜のハニーマスタード焼き

ファッションも原点へ。
「できるだけ何もしないことが今、強くて新しいのでは」とデザイナーの川久保玲氏(コムデギャルソン)。
脱進化の時代の幕開けでしょうか。
a0140789_13212457.jpg
a0140789_1320596.jpg
野菜(なんでも、金柑はぜひ。
さつまいも、アスパラガス、かぼちゃ、ピーマン、人参、レンコン、新たまねぎetc)
キャベツはなんとか、だいじょうぶですが、葉物は焦げます)を一口大に切り、
シートを敷いた天板に並べ、
ハニー+マスタード+オイルで合えて塩こしょう少々。
230℃のオーブンで30分目安に焼く。途中、かき混ぜる。
はちみつ:粒マスタード:サラダオイル=1:1:1
(野菜の量によりますが大さじ1からはじめて、好みで)
a0140789_13334137.jpg


by mllegigi | 2012-03-22 13:55 | ごはん
2012年 03月 16日

いちごのカスタードパイ

あるお店で、シシカバブー(ケバブ)が出たとき、
串から力任せに外したお肉が、恐ろしい勢いで空中飛行。
あろうことか、隣席で静かに歓談中の老紳士淑女たちを襲いました。
それ以来、パイ皮でさえ、フォークで簡単に崩れるようにと、おびえています。
ほんと、固く焼き上がったタルト生地が苦手であります。
a0140789_15422560.jpg
a0140789_1864437.jpg
a0140789_16203469.jpg
a0140789_16163121.jpg
タルト生地はタルトタタンの生地と同じ。
バターと小麦粉(強力粉と薄力粉を混ぜて)の割合は1:2が黄金比。
好みで配合を変えて。
カスタードはガラスのボールを使い、湯煎で作るのが好き。
ちょっとした手間だけれど、これくらい、だいじょうぶ。
できあがったものはそのままガラスで冷やせますから。
粉っぽかったり、ミルク臭がきつかったり、しないように、気をつけています。
上にのせるくだものは洋梨でも、なんでも。
くだもののうえから、ジャムをといたものをかけてつや出ししてもきれいです。
ここは潔く、粉砂糖だけでさらりと。

[タルト生地]
薄力粉80g
強力粉40g〜45g
バター70g
グラニュー糖15g
卵黄1
水 小さじ1
塩 ひとつまみ

[カスタードクリーム]
卵黄3
グラニュー糖50g
薄力粉25g プラスマイナスお好みで。
牛乳320ml
バニラビーンズ1本
どちらも拙著『洋書のようなシンプルクッキーとケーキの本』より
「タルトタタン」「チョコレートパイ」に記載のタルト生地、カスタードクリームの作り方と同じです。

by mllegigi | 2012-03-16 18:34 | お菓子・デザート・ジャム・お茶
2012年 03月 15日

お母さんの仕事

子どもたちが眠ってしまってから、
子どもたちの心をくまなくかきまわして検査するのは、
どのいいお母さんも、夜ごとにやる仕事です。
お母さんたちは、またつぎの朝、
使うのにつごうのいいように、きちんと片付けたり、
その日のあいだにちらかってしまったたくさんの品物を、
ちゃんとした場所におさめなおしたりします。
それは引き出しを整理するのによく似ています。
朝になって、あなたが目をさましてみると
ゆうべ、ベッドにもちこんだかんしゃくやきかん気は、
小さくたたんで、あなたの心の底にしまってあります。
そして、上には、ようく、空気を入れた、
あなたのきれいなほうの考えが、すぐに身につけられるように広げてあります。
『ピーターパンとウェンディ』(ジェームズ・バリー作 石井桃子訳 福音館書店)より
a0140789_8503387.jpg
a0140789_846624.jpg
エスケイプとの批判もあるが、ピーター・パンは100年の時を生き残った。
この作品が生まれるきっかけとなったディヴィス家との関わりは、
映画『ネバーランド』(2004英米 ジョニー・デップ主演)に詳しい。
バリーは心底優しいひとだったのだと思っている。



by mllegigi | 2012-03-15 09:36 |
2012年 03月 13日

Tomozoさんの『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

魅惑的なオレンジの表紙の本(下の写真)は、
米国シアトル在住のTomozoさんが下訳を半分担当された今話題沸騰の、
『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(キャスリン・ストケット著集英社文庫)です。
舞台はアメリカ、ディープサウス、ジャクソン、1962年。
厳しい人種差別を受ける黒人女性と白人女性をめぐるお話。
2日で上下巻を読み終えました。ひとときも中断できなかった。
臨場感のある日本語訳が、飛び跳ねるお魚のようにぴちぴち生きています。
「強くて、温かな、女友だちのような本」とザ・タイムズは評しました。
この評価を私はとりわけ気に入っています
人種差別という深刻なテーマを内包しているにも関わらず、
物語は「女子会」さながらの群像劇を見るようでもあります。
その一方で物事をよりよく変えようとすれば、
命がけで立ち向かわなければならないときがあることを教えてくれます。
横道にそれますが、スキーターとお母さんの関係にも泣けました。
もし娘が誰かに振られるようなことがあったとして、
「あなたがどれほど聡明でやさしい子に育ったかわからない人なら、
スチュアートはとっととノース・ストリートに帰ったらいいのよ」
彼女のお母さんのように言ってやりたいと思います。
ここ1年ブログを通して親交を深めて下さった
Tomozoさんがすばらしい本を訳されたことに感激しています。
聡明な文章と卓越した美しい写真で綴られるTomozoさんのブログLiving in the NWでは、
一足早くUヴィレッジのスタバの桜が咲いています。
月末にはアカデミー助演女優賞に輝いた『ヘルプ』の映画を観るのを楽しみにしています。
a0140789_14464575.jpg


by mllegigi | 2012-03-13 15:22 |
2012年 03月 12日

3.11追悼

心より追悼の意を表します。
一人一人の思いが細部にまで反映された手厚い再生復興が継続されますよう。
議論を厭わず、よりよい方向へ舵を切ることのできる日本でありますよう。
祈りを込めて、桜のお重に2012年の春を詰める。
a0140789_14285370.jpg
ちらしずし
ちりめんじゃこ
にんじん
たけのこ

みょうが
絹さや
木の芽
れんこん

by mllegigi | 2012-03-12 15:04 | ごはん
2012年 03月 05日

鶏ささみの炊き込みごはん

「時間があまりない」と急に立ち寄った友人にお昼ごはんを作る。
鶏のささみとおあげ、にんじん、ごぼうで炊き込みごはんを。
いただきものの人形町『魚久』の鮭の粕漬けが残っていたのがよかった。
ほうれん草とちりめんじゃこの甘酢かけ。
昨夜の残りの煮物。
白菜と大根、ゆず、にんじんの即席漬け。卵のお汁。
啓蟄の日、外はやわらかな冷たい雨が降っている。
a0140789_13482081.jpg


by mllegigi | 2012-03-05 15:02 | ごはん
2012年 03月 03日

幸せジャムロール

石井好子さんのエッセイに
父母が長生きしてくれたので、
「いつまでも子供でいられる。愛される幸せを長いこと味わった」
とあったのを思い出す。
a0140789_16204955.jpg
a0140789_1744768.jpg
a0140789_1620377.jpg
a0140789_16191533.jpg
材料と作り方30x22cmのバット1台分
薄力粉40g(あるいは50g)お好みで。
砂糖40g(あるいは50g)
卵2個
いちごジャム=1パック分をジャムにしたものなど、
あるいはおうちで作ったりんごジャム(生地と同色になりました)
粉砂糖適宜

*卵白2個を砂糖を少しずつ加えながら、ハンドミキサーでツノがぴんとたつまで固く泡立てる。
*卵黄をひとつずつ入れ、さらに泡立てる。
*粉をふるいながら加え、さっくりと混ぜる。
*クッキングシートを敷いた天板に流し入れ、190℃で15分目安。
 竹串を刺してなにもついてこなければできあがり。
*ぬれふきんを広げ、紙をはがして、そっとおく。
*好きな面にジャムを塗り、ふきんを使ってくるくる巻いていく(長い辺を横にして)。
*落ち着くまで5分ほど、ふきんにつつんでおく。
*上から粉砂糖をふりかける。

by mllegigi | 2012-03-03 19:34 | お菓子・デザート・ジャム・お茶
2012年 03月 03日

おひなさまのおすし

今年はおひなさまを出さなかったが
3月3日は一年中でいちばん心躍る女の子のお祭りの日。
昼食に作ったごく簡単なちらしずし。
れんこん、人参、高野豆腐、ちりめんじゃこ、錦糸卵、桜田麩、菜の花。
a0140789_12272919.jpg
a0140789_12282577.jpg
a0140789_12295567.jpg
たまたま今日の材料と作り方
米2合
酢カップ1/2
砂糖大さじ4〜5
塩小さじ1〜1.5
れんこん中=5cm幅=うすく切って酢水で煮る。
にんじん中=1/3本=縦にうすく切って麺つゆを少し入れてやわらかくゆで、
      細かく切る。
ちりめんじゃこ=カップ1/2=酢につけておく。
高野豆腐=おだしのついた市販のものを買ってその通り作り、細かく切る。
錦糸卵=全卵2+卵黄1=細く切る
菜の花=さっとゆでておく。
桜田麩

*炊きたてのごはんを、すし桶にうつし、
 上からすし酢=多めに作り、様子を見ながら=をかけ回し、切るように混ぜ、うちわなどで冷ます。
*具(れんこん、人参、ちりめんじゃこ、高野豆腐etc)を合わせる。
*器に盛り、桜田麩、菜の花、錦糸卵を好みに飾る。

by mllegigi | 2012-03-03 13:24 | ごはん
2012年 03月 01日

鬼まんじゅう

いつも思う。「鬼」というのが、チャーミング。
何を試しても、結局この作り方に戻ってしまう。
母が45年前から作っている、従姉の大好物。
a0140789_14573434.jpg
材料と作り方4個分
薄力粉100g
ベーキングパウダー小さじ2
塩ひとつまみ
砂糖30g前後
水大さじ4最大 少し固めだったり、少しやわらかめだったりは好みで調節。
        大さじ4は好みですが、やややわらかめ。
さつまいも100g前後

*さつまいもは皮をむいて、7mm角に切っておく。
 時間があれば水で洗って水気をふき取っておく。
*水で砂糖を溶かしたボウルに、粉類(薄力粉+BP+塩)をふるい入れ、
 さつまいももいっしょに混ぜる。
*蒸し器にぬれぶきんまたはクッキングシートを敷いて(敷かなくても)蒸気をたてたところに
 4等分して丸め、並べる。
*10~15分蒸す。

by mllegigi | 2012-03-01 15:39 | お菓子・デザート・ジャム・お茶
2012年 03月 01日

シンプルなかす汁

このシーズン、週に3日はかす汁を作っていたような気がする。
そろそろ終盤。桜を待ちわびて。
a0140789_1043696.jpg
a0140789_10272623.jpg
材料と作り方
大根=細い短冊
にんじん=細い短冊
里芋=輪切り
うすあげ=細い短冊?
塩鮭=焼いて香ばしくし、身をあらくほぐす。
酒粕
白味噌少々
塩少々
昆布でとっただし汁
ねぎ=斜めに切る、あしらい用(ゆでたほうれん草もきれい)
ゆず適宜あしらい用
*具を入れた鍋に、ひたひたよりたくさんのおだし(昆布)を入れ、煮る。
*具がやわらかくなってから、すり鉢ですった酒粕を好みの分量
(うちでは一鍋70g程度)加える。
*酒粕が馴染んだら、最後に白味噌を少し足し、味が決まらないときは塩ひとつまみを加え整える。
*椀に盛り、ねぎとゆずをあしらう。

by mllegigi | 2012-03-01 10:51 | ごはん