マドモアゼルジジの感光生活

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ポテトサラダ即興

じゃがいもといっしょににんじんも煮て、粉ふきにし、きゅうりとトマトを加える。
塩こしょう、砂糖少々、マヨネーズ、粒マスタードで熱いうちに和え、
熱いうちに直ちにいただくというのが好き。
作るたび違ったりするけれど、それも好き。
誰かに作ってもらうポテトサラダはもっと好き。
a0140789_16361972.jpg

by mllegigi | 2012-04-30 17:14 | ごはん

ミューズリーの朝食

ミューズリーにはレーズン、いちご、りんごの乾燥フルーツ、
ココナッツ、オート麦フレーク、ライスパフなどが入っている。
栄養強化と整腸作用に期待して、というわけでもないけれど、
気忙しい朝にはバナナもいっしょに。
a0140789_1113574.jpg

by mllegigi | 2012-04-27 11:42 | ごはん

オレンジ・アンブロシア

オレンジの上にココナッツを振りかけたり、生クリームを添えたりもするらしいのですが、
単に果物を切り分けてお皿に盛り、花の力を借りました。デザートに。
アンブロシアとは、辞書によると、
不老不死になるというギリシャの神々の食べ物のこと。
「オリュンポスの大神が住む宮殿の大広間では
また、大勢の神々が神さまの食べ物と飲み物であるあのアムブロシアーとネクタルとで
毎日饗宴をもよおしていました。」と
『ギリシャ・ローマ神話』(トマス・ブルフィンチ 角川文庫)に
楽しそうな記述があるのを見つけました。
a0140789_1651814.jpg
材料と作り方
清見オレンジ(セミノールオレンジ、ニューサマーオレンジなど季節の柑橘系)
バナナ
はちみつ
食用花など(おうちで作ったパンジーの花などなど)
適宜人数分用意して、オレンジは房から出しやすい形状であればひとつずつむいておくが、
壊れやすいものなら、横にスライスし、さらに2等分していただきやすいように。
バナナはレモンをしぼって色止め。上からはちみつをまわして、冷蔵庫で冷やす。
by mllegigi | 2012-04-27 01:22 | お菓子・デザート・ジャム・お茶

春の夜のお客さまに。

品数は少なくても、おしゃべりだけは果てしなく。
メインには鶏もも肉をフライパンで焼いたもの。
お肉にあらかじめオリーブオイルを振りかけておく。
前菜にはサラダ。フレンチドレッシング。
ラディッシュ、菜の花、ベビーリーフなどの葉、トマト、アボカド、
人参のグラッセ、カマンベールチーズ、新玉ねぎスライスなど。
デザートはタルト2種。
a0140789_14115763.jpg
a0140789_14124936.jpg
a0140789_1413406.jpg
a0140789_14145051.jpg
a0140789_1416265.jpg
デザートの前に、おにぎり、お味噌汁、お漬け物を用意しました。フルーツタルト材料と作り方
薄力粉60g+全粒粉65お好みで=125g
バター70〜80g
卵黄+水=30ml目安
砂糖大さじ1/2〜1まで
塩ひとつまみ

今回の中身は、
いちごジャムいちご1パック300gにお砂糖を50g加えて小鍋で煮つめました。
お汁が残っているくらいまで。
ミックスジャム自家製マーマレード大さじ3程度を細かく刻み、
りんご1/2は4つ割り、イチョウ型に切ります。
トマト1個も細かく切って、いちごジャムのあとのお鍋を洗わずにそのまま使いました。
きれいな色が残っていて赤くなりました。

*ボウルに粉をふるい入れ、バターを練り込み、手でさらさらにする。
*真ん中にくぼみを作り、卵黄と水、塩、砂糖を加えて、さらに手で混ぜる。
*ひとまとめになったら、冷蔵庫で30分冷やす。
*生地を台にとり、たっぷり打ち粉をふって、2〜3mm厚さ(破けない程度)にのばす。
*四角く切り取っても、最後は好みの大きさに円形に整えて、適宜具をのせて、折り込む。
*砂糖をふりかけて焼いても。
*オーブン200℃で30分目安。しっかりきつね色になるまで。
by mllegigi | 2012-04-20 16:22 | ごはん

レモンスポンジケーキ

現在2時。3時のおやつまであと1時間。
そんなときは、おいしいケーキ屋さんに駆け込むのがいちばんです。
が、おうちで作るとなると、どうしましょう。
レモン1個さえあれば、大急ぎでできるスポンジケーキを。
甘さひかえめ、油脂分なし、レモンでしっとりさわやか。
ふわふわやわらかく、どういうわけか、
今年の春の気持ちにぴったり寄りそう軽いケーキなのでした。
a0140789_162498.jpg
a0140789_1622388.jpg
a0140789_1624943.jpg
a0140789_1634366.jpg
材料と作り方直径18cmの丸型1台分
(砂糖、薄力粉はごく少なめ)

卵黄3個
卵白3個
砂糖60g
薄力粉30g
レモン汁1個分(25cc〜)
レモンのすりおろし1個分

1ボウルに卵白を入れ、砂糖をすこしずつ加え、ハンドミキサーで固く泡立てる。
2そこに卵黄を加え、さらに、しっかり泡立て、粉をふるいながら混ぜ込み、
 レモン汁とレモンのすりおろしを加えて混ぜる。
3バターを塗って粉をはたくか、紙を敷いたケーキ型に生地を流し込み、
 目安170℃(150~180℃それぞれのオーブンの説明書の指示に従う)40分〜目安に焼く。
4クーラーにとって冷まし、
 気が向けば、生クリーム150ccを砂糖大さじ1とラム酒少々を入れて泡立て、
 ケーキの表面に塗ったり、何かで飾ったりする。 
by mllegigi | 2012-04-16 17:50 | お菓子・デザート・ジャム・お茶

春のお漬け物

村上重本店の「桜しのぶ」(八重桜の塩漬け)と「菜の花漬け」。
今年の桜は誰と見たいですか?
a0140789_11525339.jpg

by mllegigi | 2012-04-03 13:48 | いただきもの・季節のもの