マドモアゼルジジの感光生活

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

魔女の靴

箒にまたがって、漆黒の夜空を飛び回り、疲れたら、おつきさまの上でひとやすみ。こわいかぼちゃは大嫌い。そんなひと、だーれだ?
a0140789_09071105.jpg

by mllegigi | 2015-10-21 11:15 | 好きな場所、もの、ことば、ひと

肉まんとサラダ

小春日和の日曜日。今からお昼ごはんです。蒸すだけの、蓬莱と重慶飯店の肉まん。彩りサラダ。にんじんに黒ごま、紫キャベツのオリーブオイルドレッシング。トマト。かぼちゃのサラダ。ブロッコリーとカリフラワー。もやし(みそ+しょうゆ+砂糖+酢で調味)。パプリカ赤だいだい黄。ほうれん草。レタス少々。好みのドレッシングを上からほんのすこしだけ。
a0140789_11380485.jpg
a0140789_11395169.jpg
a0140789_11381889.jpg
追記 夜は、お昼の残りの野菜を使って炒め物をしました。野菜はすべてゆでてやわらかくして使います。パプリカとブロッコリーとカリフラワー。にんにくの香りがでたら火が通るまで豚肉を炒める。野菜類を入れ、みそ大さじ1〜を加えてしっかり炒めます。砂糖少々+しょうゆ少々+ごま油少々を加えて炒め合わせ、熱いうちに供します。高城順子さんの中華のレシピを参考にし、野菜多種で我が家流に。ごはんがすすみました。
a0140789_20213146.jpg

by mllegigi | 2015-10-18 11:59 | ごはん

枝豆の天ぷらと抹茶塩 oishii

丹波の枝豆(黒豆)をたくさんいただいた。海老(細かく切る)とコーンと枝豆(黒い薄皮をむくと緑色の豆になります)の3種をいっしょに揚げてみる。揚げたてをお抹茶塩で。残り物のおでん風煮ものときゅうりともずくの酢の物、ナスとインゲンの胡麻和え、トマトのオリーブオイル炒め+パセリ、塩昆布+きゃらぶき+べったら漬け、お豆腐のお味噌汁の晩ごはん。
a0140789_20550189.jpg
a0140789_13411921.jpg
a0140789_14271647.jpg
◎天ぷら=ボールに3種を混ぜ合わせ、茶こしで薄力粉とベーキングパウダー少量を混ぜたものをふりかけて、水を加える。スプーンなどで一口大にかたちを整えて揚げる。
◎抹茶塩=塩を少量胡麻煎り器を使って水分を飛ばし、抹茶といっしょにすり鉢ですってみました。

by mllegigi | 2015-10-16 14:18 | ごはん

秋、タルト・タタンを焼く。

a0140789_17190147.jpg
りんご(紅玉)を使い切りたい。案の定、水分が多く、やわらかくなり過ぎて、キャラメル化が遅かった。タルトタタンに不向きなりんごにあたったら、それはそれ。仕方がない。おうちで食べるんだもの。なんとか、焦げ茶になるのを待って、よしとする。厚手鍋(スキレット型)でりんごをキャラメリゼして、そのうえに生地をかぶせて焼くのはなかなか楽な方法です。冷めると甘さが落ち着きます。この砂糖の量では、りんごによっては酸っぱいくらいです。

タルト・タタンのレシピ(直径20cmのスキレット1台分)
タルト台
薄力粉 80g
強力粉 45g
バター70g
グラニュー糖 15g(大さじ1=12g、小さじ1=4g)
卵黄1
水 小さじ1〜
塩 ひとつまみ

フィリング
りんご 5個目安
グラニュー糖 90g(今日は80g)
バター 40g(今日は30g)

  1. 大きなボウルに粉類をふるい入れ、中央にくぼみを作り、やわらかくしたバター、グラニュー糖、塩を加える。バターを指でつぶしながら粉と混ぜ、ほろほろの状態になったら、中央に卵黄と水を加え、周囲の粉を崩しながら全体に馴染ませる。ボウルにこすりつけてはのばすことを1〜2分くり返し、手につかなくなったら、ひとまとめにして、冷蔵庫で休ませる。
  2. リンゴは皮をむいて、8つ割りにし、芯をのぞく。スキレットの底と側面にバターを塗り、グラニュー糖をふり入れ、リンゴを隙間なく敷きつめる。盛り上がります。中火にかけて煮立たせ、水分がなくなり、リンゴが焦げ茶色になるまで、上下を返しながら20〜30分煮て、あら熱を取る。
  3. 打ち粉をした台に、1の生地をのせ、めん棒でスキレットの大きさにのばし、3mm厚さにして、2にかぶせます。鍋の縁にぐるりと生地を入れ込み(写真では入れ込みが不十分で浮き上がっています042.gif)、200℃に温めたオーブンで焼き色がつくまで20分焼く。焼き上がったら、冷めないうちに皿をかぶせ、ひっくり返して取り出す。(拙著より)
a0140789_14123171.jpg















a0140789_11270613.jpg
a0140789_11272031.jpg

























by mllegigi | 2015-10-15 11:44 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

渡り蟹のスパゲッティ

昨日夕方、スーパーで求めた渡り蟹。朝からゆでて身をほぐす。生クリームを買い忘れたことに気づく。すこし入れるとトマトソースの酸味がおだやかになるのだけれど。いいお天気。風もなく、渡り蟹日和!の祝日。
a0140789_12441075.jpg
渡り蟹のクリームトマトスパゲッティのレシピ
材料(3人分) 
渡り蟹1杯(大きさによります、小さければ2〜3杯)
トマト缶2個
にんにくひとかけ
白ワイン100ml
トマトケチャップ
塩こしょう少々
生クリームお好きなだけ(私は大さじ1から〜味を見ます)

スパゲッティ ひとり80g基本として、、、

  1. 渡り蟹をゆでて、かにみそと身をほぐす。甲羅と身をほぐしたあとの足の殻はかざりのためにとっておく。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切りを炒め、香りが出たらトマト缶を入れる。別の大鍋に湯を沸かし始める。
  3. トマトソースはしばらく煮て、トマトケチャップなどを加え、トロリとしてきたら、火を止める。
  4. 別のフライパンあるいは圧手鍋で、かにと甲羅をオリーブオイルで軽く炒め、白ワインを加える。
  5. 3のフライパンにかにと甲羅を汁ごと戻し、火をかけてなじませる。スパゲッティのゆで上がりに合わせてソースをあつあつにしておく。
  6. スパゲッティをゆで上げ、火のかかった5のフライパンに加える。ソースの濃度はスパゲッティのゆで汁で調節。
  7. a0140789_13273450.jpg
熱々を供する。
もっと豪快に男の料理をしたいかたは、ALL ABOUTの土屋敦さんのレシピを。

by mllegigi | 2015-10-12 13:32 | ごはん

手帳の準備

The Metropolitan Museum of ArtのEngagement Book。写真左から年次とテーマは、
2014年 BIRD
2015年 ART OF THE TABLE
2013年 A YEAR IN FLOWERS
2016年(NEW!)IMPRESSIONISM AND POST-IMPRESSIONISM
おおよそ23cmx18cm厚み7mm
a0140789_11080037.jpg
1週間ごとの見開きで、片方のページは書くところ、もう一方は絵。素っ気ない作り。
a0140789_11070408.jpg

by mllegigi | 2015-10-08 11:35 | 好きな場所、もの、ことば、ひと

LES CHANSONS D'AMOUR

夏と秋の境い目にまた、すてきな映画を観た。主役のルイ・ガレルって? ずっとずっと年上のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(カーラ・ブルーニの姉)と付き合っていたなんて、あまりにもフランス的でありすぎるじゃないか。テデスキ、うらやまし過ぎるじゃないか。いまはイランの若く美しい女優(監督)がパートナーであるらしい。

映画『Les chansons d'amour』はヘッドフォン・ミュージカルという新境地なのだと教えてもらった。歌を歌い出すと、いきなり別世界に飛び立ってしまうハリウッドのミュージカルとは違い、私たちがヘッドフォンをつけて街中を歩いているときと同じ視線、感覚で撮影され、登場人物が現実から離れることはない。そしてこの映画は同じ意味で、まさに『シェルブールの雨傘』へのオマージュなのである。日本では2008年東京ゲイ映画祭のとき、邦題『愛のうた、パリ』として公開された。

映画の中でキアラ・マストロヤンニが妹を想って歌う『AU PARC』は歌詞も美しく、耳に心地よく響く。秋冬に聴くのに、いちばん好きな歌だ。一度アップしたことがあったのですが消してしまったので、ふたたび。


by mllegigi | 2015-10-03 23:11 | 映画

ビーツとツナのサラダ

a0140789_14594088.jpg
珍しいビーツが手に入り、こうして食べて下さいね、というレシピを参考に作ってみました。何もかもが赤く染まる勢いです。ツナ、きゅうり、コーン、ビーツ(皮のまま、やわらかくなるまでゆでてから、皮をむく)=キューブに。玉ねぎ=みじん切り。オリーブオイルと塩少々、しょうゆ少々、レモン汁少々をかける。

曲はマーガレット・ホワイトニングで『MY FOOLISH HEART』。秋のはじまりには古い曲もいいですね。映画『CAROL』で聞き惚れました。
a0140789_14591907.jpg


by mllegigi | 2015-10-01 15:33 | ごはん