<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 13日

週末のシャトーブリアン

ステーキ150gほど、ちょっと焼きすぎ。クレソン、キタアカリのホクホク粉ふき、人参のグラッセあり合わせ、お肉の焼いたあと炒める玉ねぎ。甘エビのお刺身。ワイン。菜の花とお豆腐のお味噌汁、ごはん。オレンジ。コーヒー。
a0140789_23512085.jpg
a0140789_23514876.jpg


by mllegigi | 2017-02-13 00:15 | ごはん
2017年 02月 10日

ポトフを煮込んで。

a0140789_00171246.jpg
木曜日の夕食。寒い日おきまりのポトフ。にんじん、玉ねぎ、キャベツ、お肉(今日は鶏肉)を、大きく切って、大きなお鍋に入れ、たっぷり水を加えて、ロリエ2枚、ブイヨンも少し入れ、ぐつぐつ2時間以上火にかける。ジャガイモは煮崩れるので、時間差でいれました。キタアカリはとても柔らかい。塩胡椒少々。帆立とかぼちゃのフライ、ピーマンの素揚げ、揚げたてをケチャップとレモンで。サラダはアボカド、ブロッコリー、トマトをオリーブオイルと塩少々、お酢少々。赤ワイン少々。ごはん。デザートは伊予柑。


by mllegigi | 2017-02-10 10:25 | ごはん
2017年 02月 09日

天皇陛下の鶏つくね

a0140789_23073140.jpg
★鶏つくねとしいたけとインゲンとたけのこ
★サラダはにんじん、きゅうり、レタス、玉ねぎ、紫蘇の千切り
★しそとうめぼしのドレッシング
★豚汁(にんじん、大根、豚ロース、豆腐だけ)
★ほうれん草の白和え
★ごはん
★赤ワイン少し
★デザートはいよかん
鶏つくねのレシピ
鶏ミンチ 250g
玉ねぎ みじん切り 1/2個
砂糖 小さじ2
醤油 小さじ2

たけのこ水煮 200g程度=先に茹でておく。多くても少なくても。
しいたけの煮物=お寿司の残りがありました。何か冷蔵庫に残っていて使いたいものがあれば。

インゲン=色が綺麗なうちに火を止めて、下ゆでしておく

だし 400cc
醤油 大さじ2〜
みりん 大さじ1目安
砂糖  大さじ1目安
味付けは、お好みで。甘みが少ないほうがいいかもしれないし、もっと濃いほうがいいかもしれない。

  1. 鶏ミンチと玉ねぎのみじん切り、砂糖、醤油を加えて、合わせる。
  2. フランパンに油を熱し、俵型に丸めた鶏団子(今日は9個にわけました)を表裏茶色になるまで焼く。
  3. だし、醤油、みりん、砂糖を入れた鍋を煮立たせ、鶏団子とたけのこ、しいたけを加える。
  4. たけのこに醤油の色がよくしみこむまで煮る。ちょっと気長に。
  5. つくねもいい色になってきたら、味を整え、火を止めて、盛りつけます。残った煮汁を少量まわしかけます。
  6. 茹でたインゲンをあしらう。
※『天皇陛下料理番の和のレシピ』参照


by mllegigi | 2017-02-09 00:40 | ごはん
2017年 02月 06日

黄色の憂鬱

a0140789_13335348.jpg
30年ほど前にフランスで暮らしていたとき、差別らしきものがあったかというと。
クリスマス休暇で帰国するカップルに同行して、フランスからイタリアまで汽車で旅をすることになったとき。途中、フランス国内で乗り換えがあり、早く用意ができた私は荷物を抱えて、扉が開くのを待ち構えていました。汽車が停まり、ステップを降りると、うしろからおじいさんも降りてきて、こう言っていたのでした。「この女は黄色人種のくせに、敗戦国の人間のくせに、わしより先に降りやがった。許せん」。イタリア人が飛んできて「いやいや、彼女は僕たちの友人なんです。許してやってください」と、とりなしていましたが、私は謝る必要なんてないわと思っていました。

もう一つは、朝市へ買い物に出かけたとき。狭い道で、やはりおじいさんから、すれ違いざまに「黄色人種」と言われたこと。jeuneじゃなくてjauneって言ったわよね。若かった私にとっては針の先で突かれた程度のダメージだったのですが、明らかな差別だったなあと思い返すと、古傷がちくっと痛みます。パリに住む友人は、地下鉄で「日本人がグッチを持っている」と言われたとか「汚い○○人」とかそのうちいろいろ聞き取れるようになるわよって。その後、彼女はフランス人と幸せな結婚をしていますし、あれから時が経ち、戦争を知る人も少なくなり、時代も成熟し、このようなことは、もう言われなくなっているのじゃないかと。

昨日ニューヨークの地下鉄で「ユダヤ人は焼却炉に」「ヒトラー万歳」などといったイスラム教徒やユダヤ教徒に対するたくさんのいたずら書きが出現したものの、2分ほどで乗客たちが協力して消したというニュースを見ました。何十年何百年たっても人種問題は根が深いのだと改めて思い知らされました。ポリティカル・コレクトネスは表面的であったとしても、やはり広く浸透してほしい大事なマナーだと思います。レディガガさんが「寛容」を訴えたステージ。一番はじめの曲GOD BLESS AMERICAもプロテストソングになっています。元とは違うこの部分の歌詞にメッセージが込められています。
This land is your land, this land is my land,
this land was made for you and me.
ーOne nation, under God, indivisible, with liberty and justice, for all.




by mllegigi | 2017-02-06 20:40 | 好きな場所、もの、ことば、ひと
2017年 02月 05日

今『一九八四年』を読まずにはいられない。

トランプ氏が大統領にならなかったら、村上春樹の『1Q84』は読んでも、ジョージ・オーウェルの『一九八四年』を読むことはなかったと思う、SFだし政治的だし。そこは全くプライバシーのない監視社会。過去の歴史は現在の都合のいいように書き換えられる。権力者の言うことがすべて真実になる。本当のことを知りながら嘘を信じる二重思考が求められる。全体主義を象徴するのはビッグブラザーと呼ばれる男。ソビエトのスターリンがモデル。2017年においてはアメリカのトランプ大統領もしくはスティーブ・バノン氏に近いイメージで読めるのが驚きだ。トランプ政権で最近問題になった「オルタナティブ・ファクト」(トランプ大統領就任式の動員数が史上最大だったという嘘を「別の真実」とケリーアン・コンウェイ大統領顧問が言い換えた件)が小説とそっくりと評判に。最近またコンウェイは大虐殺の作り話を流した。70年前に書かれた絶望的な未来に近づく恐怖がどんどん加速する。現実と小説が一部クロスオーバーしているので、ベストセラーになるわけです。トランプ氏の好きな水責めはないが、拷問シーンは果てしなく、読み終わる頃には疲労困憊憎しみが愛を軽々と超えるようなディストピア小説。しかし、翻って過去へのノスタルジーが黄金郷として伴走するウィンストンとジュリアのラブストーリーとして読めないものか。ウィンストンは何度もこの世界を変えられるのは「プロール」と呼ばれる人々なのだと言っている。解説はトマス・ピンチョン。
a0140789_18320683.jpg


by mllegigi | 2017-02-05 19:09 |
2017年 02月 01日

ジャレッド・クシュナーへの手紙

トランプ大統領の娘、イヴァンカさんの夫、ジャレッド・クシュナー氏(写真左)。トランプ政権で大統領の上級顧問を務める。ハーバード大からニューヨーク大へ、法学学位とMBAを取得。正統派のユダヤ教徒。今回の移民強硬路線はスティーブ・バノン主席戦略官が主導したとも言われていますが、イスラム圏7カ国の入国禁止、難民拒否措置はテロリスト防止策になるどころか、国内外で強い反発と混乱を招くことに。バノン氏は白人至上主義者、人種差別主義者、女性蔑視、外国人嫌い、反ユダヤ主義、レーニン主義」と批判され、彼を危険視する人も多い。以下、ロースクール時代の同級生たち50人が、ジャレッド・クシュナー氏に宛てた公開書簡。
a0140789_01073750.jpg
親愛なるジャレッドへ 

2007年度ニューヨーク大学法科学級のクラスメイトとして、私たちは、トランプ氏が主張する政治の優先事項や政策について、大変憂慮しています。私たちが知るあなたはいつも聡明で思慮深い人でした。私たちみんなが教育を受けたロースクールに、あなたは信じられないほど惜しみなく寄付をしてくれました。

私たちは、ホロコーストを生き延びた人の孫であるあなたが、深い共感力を持って、トランプ政権に良い影響を与えてくれるよう、切にお願いしています。

何万人ものシリアの子どもたち(あなたのおばあさまと同じ境遇に置かれ、自主的に選択したわけではない戦争によって命を損なわれた子どもたち)は、あなたの共感力に訴えます。

偉大な国であるアメリカの富や基礎構造に、多大な貢献をもたらしてくれたのは、正式に移民の手続きを踏んでいない人たちでした。彼らも、あなたの共感を求めています。

いま、女性やLGBTQのコミュニティの人たちは、リプロダクティブ・ジュスティス(性と生殖の公正さ)とアンチ・ディスクリミネーション(差別禁止法)に関するペンス氏のひどすぎる説明(注:ペンス氏は人工中絶、同性婚反対。キリスト教教育推進の宗教保守)を踏まえて、無理からぬことですが恐怖感を抱いています。そして彼女たちもまた、あなたの同情心に訴えかけているのです。

オルタナ右翼の人たちによるトランプ候補への熱烈な支持に困惑している有色人種の人たちも、あなたの共感をあてにしています。

私たちの国のかけがえのない宝である国立公園、森林、モニュメントたちは、話すことができません。でも、それらもホワイトハウスにひとりの話のわかる擁護者を必要としているのです。

ジャレッド、あなたは歴史的に疎外されてきた宗教的マイノリティに属していながらにして、この可能性をたたえた国で、一流の教育と比類なき特権を享受してきました。

いまこそ、あなたの権力と、トランプ陣営に非常に近しいその立場を利用して、歴史的に疎外を受けてきた人々が、あなた自身が受けてきた特権をあなたと同じように享受できるよう、尽力してくれるように、私たちはお願いします。

敬白

クラスメート50名の名前・・・・・

salon.com:An open letter to Jared Kuchner from your NYU low school classmateより



by mllegigi | 2017-02-01 01:20 | 好きな場所、もの、ことば、ひと