タグ:お菓子など ( 28 ) タグの人気記事


2017年 03月 13日

ピーナッツバタークッキー!

WHOLE EARTH100%のオーガニックピーナッツバターがまだ残っている。それを盛り込んで、型も抜かず、ドロップし、フォークの背で模様をつけ、夕食準備の前に焼き上げる。ベーキングソーダがなつかしい味を醸し出す。十分に焼ききるのが好き。粗熱が取れるとサクサクに。結局、4時ごろ、お茶にして、紅茶とともに4枚も食べてしまった。たくさん焼いておかなくちゃ。
a0140789_10415851.jpg
ベスト・ピーナッツバタークッキー・エバー!
材料
薄力粉150g
砂糖(白)〜50g目安に過ぎません。今日は白が20g。ちょっと控え過ぎたかも。
砂糖(茶)〜45g目安です。茶は45g使いました。
バター110g
ピーナッツバター(無糖)120ml(カップで適当に)
卵1
ベーキングパウダー小さじ1/2
ベーキングソーダ 小さじ3/4(炭酸臭が苦手なら控えめにしても)
塩小さじ1/4〜適宜

オーブンの温度190℃に温めておく。
オーブンの天板にはクッキングシートを敷いておく。

作り方
ボールに、バターから順に加えるたびに泡立て器でよく混ぜ合わせる。→砂糖→卵→ピーナッツバター→ゴムベラに持ちかえて、粉類(薄力粉+BP+BS+塩)をふるい入れ、一つに合わせる。生地をスプーンですくい、間隔をあけて落とし、フォークで山を潰すように模様を入れる。時間15分目安。


by mllegigi | 2017-03-13 12:37 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2017年 03月 12日

バナナ&ココナッツミルク&ペッパーアイス

いやだ、しあわせ。
a0140789_18001279.jpg
レシピは以下と同様。いちごがバナナに変わっただけで、お味噌も入っています。バナナは3本半使いましたが、傷んでいるところもあったので。バナナを潰して火を通しました。バナナの色が黒くなるだけで、火を通す必要はないかも。ブラックペッパーを上からもちょっとふりかけました。バニラのつぶつぶみたいに見えますね。今夜のデザート。


by mllegigi | 2017-03-12 18:16 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2017年 03月 04日

チーズストロー

a0140789_17150146.jpg
パイのようにサクサク出来上がります。基本、チーズとバターと粉(薄力粉とベーキングパウダー)と水で作ることができます。それに、玉ねぎ、人参、ニンニクのすりおろしと卵黄を加えたのが、拙著では「ブルーポピーオニオンスティック」という妙な名前の、なんのことはない、チーズクッキーです。黒ごまと白ごまを使いました。ワインといっしょに、あるいは、ちょっとお腹がすいたときのために。今日食べない分は冷凍しました。
a0140789_16172713.jpg
レシピ(本日の)
薄力粉130g
ベーキングパウダー 小さじ1/4〜1/2まで
バター50g
卵黄1個
エメンタールチーズすりおろし90g
玉ねぎのすりおろし 大さじ2目安
人参のすりおろし 大さじ1目安
ニンニクのすりおろし1かけ分
仕上げ用の卵白、塩(必要なかった)、ごま白と黒
カイエンヌペッパー適宜今日は使わなかった

バターはクリーム状にし、卵黄、すりおろし類を加えてよく混ぜます。ふるった粉の順にボウルに入れ、ひとまとめにし、台にのせて、打ち粉をし、5mm厚さ(適当)にのばし、縦10cm、横25cm(目安に過ぎません)に広げ、長さ10cm目安の1cm幅に切ります。その上から、卵白を刷毛で塗り、ゴマをたっぷり振りかけます。オーブンの天板に、ねじりながら、並べていきます。オーブン200℃=10分から15分。茶色く香ばしい色になるまで。
a0140789_16200899.jpg


by mllegigi | 2017-03-04 17:52 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2017年 03月 03日

ピーナッツバナナクッキー

完熟バナナの救済のため、たくさん、焼きました。生のりんごも、レーズンオレンジピールのラム酒漬けも細かく刻んで入っています。ケーキに近い感じ。そういえば、今日は桃の節句ですね。日差しが明るくなりました。春間近です。
a0140789_15250966.jpg
a0140789_15251628.jpg
レシピ
A
バナナ小3本
りんご1/8個
ラム酒漬けレーズン、オレンジピールなど100g〜
バナナは潰し、後のものは細かく刻んでおく。
B
薄力粉190g
ベーキングパウダー小1弱
ベーキングソーダ小1/2
塩少々
C
卵1
砂糖90g
バター50g
ピーナッツバター50g
バターとピーナッツバターを泡立て器で混ぜ、砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。そこへ、溶いた卵を入れて、さらに良く混ぜ合わせ、Bを振るいながら、AとBを交互に入れ、混ぜる。固いようであれば、ミルクを大さじ1から加えて、様子を見る。クッキングペーパーを敷いたオーブン皿に、丸くスプーンで形を整えながら、あいだをあけて、落とします。オーブンは180℃に温めておき、15分目安に表面がちょっと焦げるまで焼く。
※『型のいらないビスケット』大原照子さんのレシピがベースになっています。


by mllegigi | 2017-03-03 15:53 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2017年 01月 27日

ガトー・ショコラ

a0140789_17292753.jpg
「小麦粉をまったく使わないチョコレートケーキの最高かつ完璧なレシピは、エリザベス・デイヴィッドの『フランス、プロヴァンス地方の料理』に載っています。その表面の肌理はといえば、極上のファッジか、濃厚なムースといったところです。アイスクリームなどを添えると、せっかくの味が台無しになってしまいます。」ローリー・コルウィン
a0140789_17313444.jpg
数年前、エリザベス・デイヴィッドさんの本を購入。コルウィンさんが言っているのは、アーモンドが入るタイプ「GATEAU AU CHOCOLAT ET AUX AMANDES」のようです。私は「GATEAU AU CHOCOLAT」を参照。プリンみたいで簡単に作ることができます。ココアなし、生クリームなし(中に入れない)。チョコレート、砂糖、バターはだいたい同量。あとは薄力粉の量を好みに調節します。卵は別立てにした方が安全かも。今回は薄力粉大さじ2、焼き時間25分。しっかり焼きあがりました。冷凍して固めなければならないくらい、やわらかいのも好き。


by mllegigi | 2017-01-27 20:02 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2016年 07月 07日

あんずジャム再び

a0140789_16492454.jpg
またあんずの季節がめぐってきた。数少ない大事なひとにジャムを作って贈る。今年は、あんず酒も試してみた。実を上げる日数が20日後とある。熟成までは、2ヶ月か。いくつか種を割って、胚子を入れると杏仁のいい香りがする美酒となるらしい。が、固く、どうしても割ることができず。

by mllegigi | 2016-07-07 14:52 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2016年 02月 28日

いちごカスタード

家族に「デザートは何がいい?」と聞いたら、いちごカスタードパイでした。香ばしい生地、やわらかいカスタードにいちご。夕暮れどきに出来上がりました。
a0140789_17564418.jpg



by mllegigi | 2016-02-28 01:37 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2016年 01月 16日

冬のホット・チョコレート

ココアの中に入れるもの、バニラ、シナモン、ラム酒などのお酒、生クリーム、ショウガ、ミント、ペッパー、柑橘系の皮、ホワイトチョコレート、マシュマロ、砂糖の代わりにメープルシッロップなど。どれもおいしそう。
a0140789_16480921.jpg
ココアの作り方
チョコレート 30g
ココアパウダー 大さじ軽く1(お好みで)
ミルク 240ml〜
砂糖 大さじ1目安
塩 ひとつまみ(これ、大事かも)
何か、お好みの香りを。今日は柚子の皮。

沸騰させないように温めたミルクの中に、細かく刻んだチョコレートをしっかり溶かしたあと、ココアパウダー、砂糖、塩を加えてよく混ぜる。沸騰しないように気をつける。最後に好みの香りを足す。香りが固体のものなら、茶こしで漉してちいさなボウルに移し、冷蔵庫で冷やす。数時間後、あるいは一晩おいてから、温め直し、熱いのを小さなカップで。濃度は水や牛乳で薄めて調節。ほかにお菓子は必要なし。少量で身体がぽかぽかに。Savvy Julieさんのレシピを参照。
a0140789_13534431.jpg


by mllegigi | 2016-01-16 14:31 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク
2015年 12月 05日

りんごのケーキ

広がるテロ。アサド政権をめぐるアメリカとロシアの対立もあるし、トルコとロシアの関係もロシアの意図はどこにあるのか、きな臭い。テロの問題はほんとうに解決できる日がくるのだろうか。ここ1、2年であっという間に世界観が変わったと思う。
朝日新聞夕刊(12/3付)掲載の池澤夏樹氏の批評『団結するか 見捨てるか』にはおおいに共鳴しました。中東での殺害誘拐事件に関する過去の日本政府とメディアの対応を、フランスのそれと比較。フランスは団結しない国だが、それでも団結したことがある事件について触れ、団結する(仏)か、見捨てる(日)かは、政府の冷淡な対応を動かすメディアの誘導効果の違いが大きいとして、日本のメディアは政府の意向を偏重していたのでは、と疑問を投げかけています。そして最後にこう締めくくる。「今回のパリの事件について安倍首相は「テロには屈しない」というメッセージを出した。勇壮にして内容空疎、と読んではいけない。日本人が人質になっても日本政府は救出の努力は一切しないという意味なのだ。海外に出るときも、また国内で呑気に暮らしている時も、保護はないと覚悟しておこう。」
保護はないと覚悟して、、、、、呑気にりんごケーキを焼きました。土曜のおやつ。好きにつまんで。
そうそう、米紙ニューヨークタイムズに95年ぶりに銃規制の必要を訴える記事が載ったって。95年ぶりって遅すぎない?
a0140789_15412738.jpg
a0140789_15041786.jpg
りんごケーキのレシピ
材料(スクエア型18×18あるいは20×20)
りんご2個
バター50g
グラニュー糖90g±α
レモン汁1個分

薄力粉110g
ベーキングパウダー小さじ1
バター70g
砂糖90g±α
卵2個
卵黄1個
バニラエッセンス
レモンの皮のすりおろし1個分

オーブン設定200℃=20分目安
型にはグラシン紙を敷くか、バターを塗って粉をまぶし、はたいておく。
  1. りんごのキャラメリゼを作る。りんごを8等分し、薄くいちょう切り。砂糖とバターを入れてとかした鍋にりんごとレモン汁を入れ、うっすら茶色になる直前まで煮込む。
  2. 室温に戻したバターを白っぽくなるまでかき混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜる。そこへ卵を1個ずつ、卵黄を加えては混ぜ、バニラエッセンスとレモンの皮のすりおろしを加えて、全部を泡立てるように混ぜます。
  3. いっしょにふるっておいた粉とベーキングパウダーと、りんごの煮たものを交互に2に加えて切るように混ぜ、型に流して焼く。(ホルトハウス房子さんのレシピを参照)


by mllegigi | 2015-12-05 21:52 | お菓子・デザート・ジャム・お茶
2015年 11月 30日

あなためがけて

開けると女の子のドレスが広がるカードには、「この1年うれしいこと、楽しいことが、あなためがけてなだれ込むことでしょう」って。なだれ込む」だなんて!なだれ込む」だなんて!
a0140789_11490547.jpg
papabubble 世の中にはこんなかわいいものがあることを知らなかった。ありがとう、いい香りがする
a0140789_12390917.jpg
a0140789_10553370.jpg



by mllegigi | 2015-11-30 15:07 | いただきもの・季節のもの