マドモアゼルジジの感光生活

タグ:お菓子など ( 16 ) タグの人気記事

軽いバナナケーキ

プレーンなヨーグルトもサワークリームも買い置きがなく、レモン1個を絞り、ミルクと合わせて30mlにして使いました。ほとんどレモン汁でミルクはほんの少し。レモンの皮のすりおろしも1個分。バターの量は30g減らし100gに。それにともなって、砂糖も卵白を泡立てるときに使う量と足して、限りなく100g(プラスマイナスはお好みで)に近く。ベーキングパウダー、ベーキングソーダは大盛り。山もパカっと割れ、軽く出来上がりました。朝食にもしばらく楽しめます。切り分けてラップに包み、ジップロックで冷凍しました。
a0140789_13542470.jpg
a0140789_13541497.jpg
今日のレシピ分量概略

完熟バナナ3本(筋と黒ずんだところは取り除く)
ラム酒大さじ1
バニラエッセンス少々

薄力粉200g
BP小さじ大盛り1
BS小さじほぼ1
塩ひとつまみ(お好みで、甘さを制御するためによく効かせた方が美味しいかも)
砂糖100g(洗双糖+グラニュー糖)
 
卵白3個(泡立てる時の砂糖の量お好みで、あまり少なくしすぎても美味しくないような気がします)
卵黄3個

レモン1個絞り汁+ミルク=30ml
レモン1個ぶんのすりおろし

by mllegigi | 2017-11-02 14:34 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

鶏の黒オリーブ入りトマトソース煮込み

すっかりご無沙汰してしまいました。
お変わりなくお過ごしでしょうか。

週末は久しぶりの家族も交えていっしょに過ごします。デパ地下を走り回り、食料品を買い出してきました。

日曜日の夜は焼肉の予定。
牛肉は肩ロースやもものしゃぶしゃぶ用を1枚ずつ広げて焼きます。
ホタテ、エビ、鯛の切り身、ウィンナーなど。
お野菜は玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、もやし、コーン、ジャガイモ(バター焼きに)、キャベツ、なす、サツマイモ、アスパラガス、しめじ、トマトといったところ。タレは、りんごのすりおろしたもの(一人2個の割合で)に馬路村のゆずぽんでいただくのが好き。

◉黒オリーブ入り鶏のトマトソース煮込み(お昼は外食、お茶は行列を30分待ってようやく。夜は家でゆっくりしたいなあと思って前日から煮込み料理を作りました。当日マッシュポテトとサラダをいただく直前に作ります)
◉京揚げと小芋、大根、人参、ちくわの煮物(おだしを効かせて薄味に、これは日曜昼食の栗ご飯のお供になるかな。土曜日もちょっと食べたいということなら、温めて出します)
◉ブロッコリーの下ゆで
◉ちりめんじゃこは熱湯に通す。
◉かぼちゃの裏ごし(キャラメルを効かせたパンプキンプディングに)
a0140789_15300425.jpg
黒オリーブ入り鶏のトマトソース煮込み
黒オリーブを細かく刻んで280gの鶏肉に対し、180gぐらいが目安。
バターとオリーブオイルで小麦粉をはたいた一口大の鶏肉に焼き色をつけた後を利用して、にんにく、玉ねぎ、人参を炒めるとバターのコクが出ます。トマト缶、あるいはトマトをぐちゅぐちゅにつぶしたもの、チキンブイヨン、白ワイン、黒オリーブを細かく切ったものを加えて、複雑なソースの味に。付け合わせはジャガイモの粉吹きやマッシュ、ヌードルと絡めたり、ごはんとも。
※『One hour cooking 1時間でできちゃうランチメニューのこだわりデザート』信太康代を参照。

by mllegigi | 2017-10-24 17:01 | ごはん

ピーナッツバタークッキー!

WHOLE EARTH100%のオーガニックピーナッツバターがまだ残っている。それを盛り込んで、型も抜かず、ドロップし、フォークの背で模様をつけ、夕食準備の前に焼き上げる。ベーキングソーダがなつかしい味を醸し出す。十分に焼ききるのが好き。粗熱が取れるとサクサクに。結局、4時ごろ、お茶にして、紅茶とともに4枚も食べてしまった。たくさん焼いておかなくちゃ。
a0140789_10415851.jpg
ベスト・ピーナッツバタークッキー・エバー!
材料
薄力粉150g
砂糖(白)〜50g目安に過ぎません。今日は白が20g。ちょっと控え過ぎたかも。
砂糖(茶)〜45g目安です。茶は45g使いました。
バター110g
ピーナッツバター(無糖)120ml(カップで適当に)
卵1
ベーキングパウダー小さじ1/2
ベーキングソーダ 小さじ3/4(炭酸臭が苦手なら控えめにしても)
塩小さじ1/4〜適宜

オーブンの温度190℃に温めておく。
オーブンの天板にはクッキングシートを敷いておく。

作り方
ボールに、バターから順に加えるたびに泡立て器でよく混ぜ合わせる。→砂糖→卵→ピーナッツバター→ゴムベラに持ちかえて、粉類(薄力粉+BP+BS+塩)をふるい入れ、一つに合わせる。生地をスプーンですくい、間隔をあけて落とし、フォークで山を潰すように模様を入れる。時間15分目安。

by mllegigi | 2017-03-13 12:37 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

バナナ&ココナッツミルク&ペッパーアイス

いやだ、しあわせ。
a0140789_18001279.jpg
レシピは以下と同様。いちごがバナナに変わっただけで、お味噌も入っています。バナナは3本半使いましたが、傷んでいるところもあったので。バナナを潰して火を通しました。バナナの色が黒くなるだけで、火を通す必要はないかも。ブラックペッパーを上からもちょっとふりかけました。バニラのつぶつぶみたいに見えますね。今夜のデザート。

by mllegigi | 2017-03-12 18:16 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

チーズストロー

a0140789_17150146.jpg
パイのようにサクサク出来上がります。基本、チーズとバターと粉(薄力粉とベーキングパウダー)と水で作ることができます。それに、玉ねぎ、人参、ニンニクのすりおろしと卵黄を加えたのが、拙著では「ブルーポピーオニオンスティック」という妙な名前の、なんのことはない、チーズクッキーです。黒ごまと白ごまを使いました。ワインといっしょに、あるいは、ちょっとお腹がすいたときのために。今日食べない分は冷凍しました。
a0140789_16172713.jpg
レシピ(本日の)
薄力粉130g
ベーキングパウダー 小さじ1/4〜1/2まで
バター50g
卵黄1個
エメンタールチーズすりおろし90g
玉ねぎのすりおろし 大さじ2目安
人参のすりおろし 大さじ1目安
ニンニクのすりおろし1かけ分
仕上げ用の卵白、塩(必要なかった)、ごま白と黒
カイエンヌペッパー適宜今日は使わなかった

バターはクリーム状にし、卵黄、すりおろし類を加えてよく混ぜます。ふるった粉の順にボウルに入れ、ひとまとめにし、台にのせて、打ち粉をし、5mm厚さ(適当)にのばし、縦10cm、横25cm(目安に過ぎません)に広げ、長さ10cm目安の1cm幅に切ります。その上から、卵白を刷毛で塗り、ゴマをたっぷり振りかけます。オーブンの天板に、ねじりながら、並べていきます。オーブン200℃=10分から15分。茶色く香ばしい色になるまで。
a0140789_16200899.jpg

by mllegigi | 2017-03-04 17:52 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

ピーナッツバナナクッキー

完熟バナナの救済のため、たくさん、焼きました。生のりんごも、レーズンオレンジピールのラム酒漬けも細かく刻んで入っています。ケーキに近い感じ。そういえば、今日は桃の節句ですね。日差しが明るくなりました。春間近です。
a0140789_15250966.jpg
a0140789_15251628.jpg
レシピ
A
バナナ小3本
りんご1/8個
ラム酒漬けレーズン、オレンジピールなど100g〜
バナナは潰し、後のものは細かく刻んでおく。
B
薄力粉190g
ベーキングパウダー小1弱
ベーキングソーダ小1/2
塩少々
C
卵1
砂糖90g
バター50g
ピーナッツバター50g
バターとピーナッツバターを泡立て器で混ぜ、砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。そこへ、溶いた卵を入れて、さらに良く混ぜ合わせ、Bを振るいながら、AとBを交互に入れ、混ぜる。固いようであれば、ミルクを大さじ1から加えて、様子を見る。クッキングペーパーを敷いたオーブン皿に、丸くスプーンで形を整えながら、あいだをあけて、落とします。オーブンは180℃に温めておき、15分目安に表面がちょっと焦げるまで焼く。
※『型のいらないビスケット』大原照子さんのレシピがベースになっています。

by mllegigi | 2017-03-03 15:53 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

ガトー・ショコラ

a0140789_17292753.jpg
「小麦粉をまったく使わないチョコレートケーキの最高かつ完璧なレシピは、エリザベス・デイヴィッドの『フランス、プロヴァンス地方の料理』に載っています。その表面の肌理はといえば、極上のファッジか、濃厚なムースといったところです。アイスクリームなどを添えると、せっかくの味が台無しになってしまいます。」ローリー・コルウィン
a0140789_17313444.jpg
数年前、エリザベス・デイヴィッドさんの本を購入。コルウィンさんが言っているのは、アーモンドが入るタイプ「GATEAU AU CHOCOLAT ET AUX AMANDES」のようです。私は「GATEAU AU CHOCOLAT」を参照。プリンみたいで簡単に作ることができます。ココアなし、生クリームなし(中に入れない)。チョコレート、砂糖、バターはだいたい同量。あとは薄力粉の量を好みに調節します。卵は別立てにした方が安全かも。今回は薄力粉大さじ2、焼き時間25分。しっかり焼きあがりました。冷凍して固めなければならないくらい、やわらかいのも好き。

by mllegigi | 2017-01-27 20:02 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

あんずジャム再び

a0140789_16492454.jpg
またあんずの季節がめぐってきた。数少ない大事なひとにジャムを作って贈る。今年は、あんず酒も試してみた。実を上げる日数が20日後とある。熟成までは、2ヶ月か。いくつか種を割って、胚子を入れると杏仁のいい香りがする美酒となるらしい。が、固く、どうしても割ることができず。
by mllegigi | 2016-07-07 14:52 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

いちごカスタード

家族に「デザートは何がいい?」と聞いたら、いちごカスタードパイでした。香ばしい生地、やわらかいカスタードにいちご。夕暮れどきに出来上がりました。
a0140789_17564418.jpg


by mllegigi | 2016-02-28 01:37 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

冬のホット・チョコレート

ココアの中に入れるもの、バニラ、シナモン、ラム酒などのお酒、生クリーム、ショウガ、ミント、ペッパー、柑橘系の皮、ホワイトチョコレート、マシュマロ、砂糖の代わりにメープルシッロップなど。どれもおいしそう。
a0140789_16480921.jpg
ココアの作り方
チョコレート 30g
ココアパウダー 大さじ軽く1(お好みで)
ミルク 240ml〜
砂糖 大さじ1目安
塩 ひとつまみ(これ、大事かも)
何か、お好みの香りを。今日は柚子の皮。

沸騰させないように温めたミルクの中に、細かく刻んだチョコレートをしっかり溶かしたあと、ココアパウダー、砂糖、塩を加えてよく混ぜる。沸騰しないように気をつける。最後に好みの香りを足す。香りが固体のものなら、茶こしで漉してちいさなボウルに移し、冷蔵庫で冷やす。数時間後、あるいは一晩おいてから、温め直し、熱いのを小さなカップで。濃度は水や牛乳で薄めて調節。ほかにお菓子は必要なし。少量で身体がぽかぽかに。Savvy Julieさんのレシピを参照。
a0140789_13534431.jpg

by mllegigi | 2016-01-16 14:31 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク