マドモアゼルジジの感光生活

タグ:お菓子など ( 28 ) タグの人気記事

秋、タルト・タタンを焼く。

a0140789_17190147.jpg
りんご(紅玉)を使い切りたい。案の定、水分が多く、やわらかくなり過ぎて、キャラメル化が遅かった。タルトタタンに不向きなりんごにあたったら、それはそれ。仕方がない。おうちで食べるんだもの。なんとか、焦げ茶になるのを待って、よしとする。厚手鍋(スキレット型)でりんごをキャラメリゼして、そのうえに生地をかぶせて焼くのはなかなか楽な方法です。冷めると甘さが落ち着きます。この砂糖の量では、りんごによっては酸っぱいくらいです。

タルト・タタンのレシピ(直径20cmのスキレット1台分)
タルト台
薄力粉 80g
強力粉 45g
バター70g
グラニュー糖 15g(大さじ1=12g、小さじ1=4g)
卵黄1
水 小さじ1〜
塩 ひとつまみ

フィリング
りんご 5個目安
グラニュー糖 90g(今日は80g)
バター 40g(今日は30g)

  1. 大きなボウルに粉類をふるい入れ、中央にくぼみを作り、やわらかくしたバター、グラニュー糖、塩を加える。バターを指でつぶしながら粉と混ぜ、ほろほろの状態になったら、中央に卵黄と水を加え、周囲の粉を崩しながら全体に馴染ませる。ボウルにこすりつけてはのばすことを1〜2分くり返し、手につかなくなったら、ひとまとめにして、冷蔵庫で休ませる。
  2. リンゴは皮をむいて、8つ割りにし、芯をのぞく。スキレットの底と側面にバターを塗り、グラニュー糖をふり入れ、リンゴを隙間なく敷きつめる。盛り上がります。中火にかけて煮立たせ、水分がなくなり、リンゴが焦げ茶色になるまで、上下を返しながら20〜30分煮て、あら熱を取る。
  3. 打ち粉をした台に、1の生地をのせ、めん棒でスキレットの大きさにのばし、3mm厚さにして、2にかぶせます。鍋の縁にぐるりと生地を入れ込み(写真では入れ込みが不十分で浮き上がっています042.gif)、200℃に温めたオーブンで焼き色がつくまで20分焼く。焼き上がったら、冷めないうちに皿をかぶせ、ひっくり返して取り出す。(拙著より)
a0140789_14123171.jpg















a0140789_11270613.jpg
a0140789_11272031.jpg

























by mllegigi | 2015-10-15 11:44 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

ココナッツ&キャラメル&バニラカスタードのアイス

ココナッツとキャラメルとカスタードとバニラの風味がいっしょになっています。牛乳、生クリームはなし。ココナッツミルクだけで簡単に作ることができ、そのうえ4種のフレイバーが重なるのですから、とびきりのおいしさ。前日から用意してお客さまのデザートにも。お店には売っていない組み合わせを楽しみます。材料は砂糖+水、卵黄、ココナッツミルク1缶、バニラエッセンス、塩少々のみ。挑戦する価値あり。1日おくとまたさらに、味がなじみます。
a0140789_16363577.jpg
ココナッツ・キャラメル・バニラカスタードのアイスのレシピ

キャラメル用
必ずグラニュー糖120g
水大さじ4

卵黄4個
塩 少々
ココナッツミルク缶 1個=400mlオーガニックとなっているものがあれば。
バニラエキストラクト(エッセンス)天然香料があれば、それを使ってください。

  1. キャラメルを作ります。厚手の鍋に砂糖と水を入れ、中火にかけて、ときどき鍋をゆらす程度で触らずに、泡が消え、茶色に色づくのを待ちます。さらに鍋をゆらすと、また、泡が出てきてしまいますが、火から下ろすと泡は消えます。よく見張って、ここだ、というときを見極めます。予熱でも焦げるので、けっして焦げすぎないように。多少真っ黒になったとしても、ココナッツミルクと合わせればキャラメル色になります。
  2. キャラメルができるのを待っている間(初めの数分で)に、ボウルに卵黄と塩少々を入れ、300ml分のココナッツミルクと合わせてよくかき混ぜておきます。
  3. キャラメルができたら、鍋底をいったん水を張ったボウルにつけて冷まします。そこへ、残りの100mlのココナッツを入れると、キャラメルは固まりますから、もう一度火にかけて、キャラメルが完全にとけるまで、かき混ぜます。
  4. キャラメルがとけたら、鍋を火から下ろし、温度を下げてから、その熱い液を卵黄とココナッツのボウルにお玉2杯(100mlほど)を入れて、よくかき混ぜておきます。卵黄の液が急激な温度変化で凝固しないようにするためです。それから、キャラメルの鍋に、卵黄とココナッツを合わせた先ほどの液を全部加え、弱火にして、木じゃくしでかき混ぜながら、木じゃくしに厚めに液がつくくらい、とろりとするまで、火にかけます。そのとき、けっして沸騰させないように気をつけます。
  5. とろりとしたら、再び、水を張ったボウルに鍋底を冷やしながら、よくかき混ぜます。
  6. ステンレスのバットなどに入れ、完全に冷ましてから、冷凍庫へ。最初の3時間の間、30分おきと言わず、こまめに空気を含ませるためにかき混ぜます。ほどよく固まったら、できあがり。WinnieAbさんを参照。

by mllegigi | 2015-08-26 17:04 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

限定記事2女の子のためのクッキー

男の子もいたんですって。
さっさと中身を食べておしまい。
そうよね、うん、わかる。わかるけど、、、、、リボンとかお花とか、、
a0140789_01431246.jpg
a0140789_01441424.jpg
a0140789_01435448.jpg
a0140789_01433330.jpg
拙著のなかの人生最高のクッキーより

by mllegigi | 2015-04-29 02:00 | お菓子・デザート・ジャム・お茶・ドリンク

NYの旅⑨マーサー・キッチンのパンケーキ

ソーホーのマーサーホテルにはレストラン「マーサー・キッチン」がある。
ホテル、レストラン、ともにミシュランの評価を信用して宿泊する。
「マーサー・キッチン」はシェフ、ジャン・ジョルジュが手がけており、
宿泊客以外の人たちにも人気だ。
ランチどきのハンバーガーセットとかぼちゃのスープ↓
(うまく撮れていなくて、申し訳ないです。)
a0140789_17512379.jpg
写真下はホテルロビーにある書棚。写真集多数。
お花飾りがやさしい雰囲気をかもし出している。
a0140789_17142476.jpg
朝食にはバターミルクパンケーキを(写真下)選ぶ。
メープルシロップのほかにサラベスのジャムが数種並んだ。
a0140789_12473461.jpg
今日はいつもの半量をフライパンで焼きます。
ミルクはレシピよりたくさん入ってしまいました。あれあれ。
レモン半個をしぼリ入れる。冷蔵庫に古くなったのがたくさん隠れていましたからね。
ラフに作りたいものです、ほんとうに。
今朝はこんな具合に↓ 風味はアメリカそのもの。のはず。。。
ブログや拙著をごらんになって、バターミルクパンケーキを焼いて下さったみなさま(ほかのものもです!)
ありがとうございます。
a0140789_1736767.jpg

by mllegigi | 2013-01-25 18:20 |

クリスマス休暇はサンドイッチから。

a0140789_13182328.jpg
今朝9時のアポイントメントを忘れたことを思い出して飛び起きる。
ちがう、明日の朝のことだった。

塩こしょう砂糖少々を加えた卵焼きを作り、
長い辺を二等分し、厚みを半分に切る。
きゅうり、トマトはうすく切って塩こしょう適宜、
キャベツとベーコンの炒めたものを用意する。
パンに軽くバター、マスタード、マヨネーズを塗って、具をはさむ。
ぬれふきんをかけて、そのうえからサランラップをし、
重い本をおいて5分。
スープはナトゥールコンパニーオーガニックスープトマトを
使って簡単にすませるお昼ごはん。
食後に熱いハニーレモンジンジャーティを。
by mllegigi | 2011-12-23 14:00 | ごはん

CHRISTMAS STRAWBERRIES RECIPE

何に使おうかと迷っているうちに、
いただいたあまおうは2日間冷蔵庫で待機。
結局、お砂糖を少々、
元気を小さじ1杯、すてきな計画を大さじ1杯ふりかけて、
デザートに。
a0140789_19272824.jpg

by mllegigi | 2011-12-09 21:11 | 古いもの

サンドイッチを作る。

山型ローフを焼いて、サンドイッチが作りたい。
そんなタイミングがそろう日を心待ちにしていました。
拙いながらなんとか、パンは膨らんで焼き上がりました。
ハム、アボカドを買い足さなければなりませんでしたが
あとはうちにあるもので間に合わせます。
ひとつはトマト、卵(みじん切りにしてマヨネーズで和える)、
ハム、アボカド、にんじんサラダ(オイルと塩こしょう少々)、
ブロッコリーの芽。
もうひとつはキャベツとベーコンの炒めたものとバナナとピーナッツスプレッド。
用意は2人分。はさみきれず、少しあまりました。
a0140789_2046259.jpg
a0140789_20481784.jpg
a0140789_20371537.jpg
a0140789_20265598.jpg
材料と作り方2人分
山型パン4枚=お好みでトーストしておく。
トーストしないときは乾かないようによくしぼったぬれふきんかペーパータオルで包んでおく。
材料は適宜2〜5種程度、用意する。
すべて、はさみやすい大きさに切る。
パンの片面にバター、マヨネーズ、マスタードなど適宜塗る。
そのうえに次々材料を重ね合わせる。
一番上にバターなどを塗ったパンをかぶせ、
ラップをして5分いえ3分くらい重しをおき、切り分ける。
a0140789_20295252.jpg
a0140789_20282459.jpg

by mllegigi | 2011-12-07 21:41 | ごはん

イタリア料理店のトマトパン

有機栽培の自家製野菜を使っていたイタリア料理店が近くにありました。
石窯を持っていて、パンも焼いていた。
なかでも、トマトのパンというのが癖になるおいしさ。
けっこう強烈な赤だったということは、トマトペーストが入っていたにちがいありません。
見よう見まねで作りました。
a0140789_1629631.jpg
材料と作りかた6個分
強力粉200g
バター40g=オリーブオイルでも。
トマト大1個140cc=皮をむいて、細かく切り、ミキサーにかけて裏ごす。
トマトペースト大さじ1小さじ1〜お好みで(入れなくても)
砂糖大さじ2
塩小さじ1/2
ドライイースト小さじ1強
お好きならバジルやパセリなど香辛料を少々加える。

*トマトは、皮をむき、細かく切って、ミキサーにかけ、裏ごしておく。
*ボールにトマト、トマトペーストを入れ、
 バターは小鍋に入れて火にかけ、溶かしたものをそろり加える。
 これで、ボールに入れた液の温度はちょうど人肌になるはず。
*そこへ、ドライイースト、砂糖を加え、泡立て器で混ぜる。
*強力粉の半分と塩をふるいながら加えて、混ぜる。
*残りの強力粉をふるいながら入れて、
 手でひとまとめにする。
*台の上で10分はこねる。
*肌がきれいになってきたら、丸めてボールの底に置き、ラップをかぶせて
 1時間、発酵させる。
*2倍にふくらみ、フィンガーテストで指の跡の穴がもとにもどらなければ、
 ガス抜きをして6等分。
*6等分したものをひとつひとつ20cm長さの棒状にのばし
 ベーグルのような形を作って、端同士をしっかりあわせてとめる。
*天板の上に並べたら、20分さらに発酵させる。
*もう一度2倍にふくらんだところで、
 上から強力粉を茶こしでふりかけ、180℃で12分焼く。
a0140789_16333631.jpg

by mllegigi | 2011-08-16 17:21 | ごはん

カステラで朝食

胃が強くはなかった祖父の朝ごはんはカステラでした。
そのせいでしょうか。
伯父伯母、従兄姉たちもみんなカステラ好きになってしまいました。
夏の朝、食欲がないようなときに、
そのままでおいしいのですが、
ときには、こうしてこんがり焦がして、さくさくいただきます。
a0140789_12473178.jpg
a0140789_12481060.jpg

材料と作り方
フライパンにバター小さじ1とサラダオイル小さじ1を熱し
市販のカステラを一切れおいて、
こんがりきつね色になるまで焼きます。
by mllegigi | 2011-08-08 12:59 | ごはん

父の一銭洋食

たとえばテレビの映画を見終わった夜の11時頃、
父が「ちょっと作ろうか」と声をかけてきたものでした。
まるで、和風クレープ。
なまじのフレンチクレープより、お夜食には嬉しいじゃありませんか。
a0140789_1642062.jpg
材料と作り方3枚弱
薄力粉カップ半分
水120cc
京都九条ねぎあるいは奈良五條ねぎなど1本=細かい小口切り
かつお削り節適宜
醤油適宜

*粉を水で軽くとく。
*フライパンで油を煙が出る直前まで、熱する。
*水でといた粉お玉1杯分を、うすくのばす。
 火加減は弱過ぎず、強過ぎず。
*そこに、かつおと葱を散らす。
*下が焼けたらひっくり返す。
*もう一度、裏返して、かつおと葱の面をおもてにして、
 おしょうゆを適宜ふりかける。
*ややおしょうゆを馴染ませて、お皿に盛る。
*次々と焼いていく。
by mllegigi | 2011-07-12 23:45 | ごはん