マドモアゼルジジの感光生活

タグ:花たち ( 4 ) タグの人気記事

夜桜

ことしの花の下にいて
去年のさくら おととしのさくら
いつの世かさえさだかではない
はるかな春の
おとことおんなに
散りかかっていた花びらを思う(『ことしの花の…』新川和江)
a0140789_13473233.jpg
もう、お夕食がいらないぐらい、屋台でいろいろなものを買いました。ライトで花びらがピンクに染まって見えます。みんな楽しそう。酔っぱらって、大声で笑い合ってる。

by mllegigi | 2016-03-31 23:27 | 花たち

暮らしの切れ端5

春の花束
悲喜こもごも。がんばったひと、お疲れさま、の春。
a0140789_16143771.jpg
食卓にお膳 
決められた枠のなかに器を用意するさっと作って、さっと片付けたい。
火曜日の夕食 生しいたけの変わり揚げ(鶏ミンチ、玉ねぎ、マヨネーズ少々)オクラの芽、レモン、大根おろし+おつゆ、ブロッコリーのおかか和え、マカロニサラダとトマト、粕汁 きゅうりの古漬けにしょうが、マドレーヌ、はっさく
a0140789_14511050.jpg
水曜日の夕食 昨夜余った鶏を団子にしてあげておいたのを利用して、鶏団子の甘酢あんかけに赤パプリカ、まぐろ3種の盛り合わせ紫蘇と大根、筑前煮風、粕汁再び。きゅうりの古漬けにしょうがをたっぷり、マドレーヌ、オレンジ
a0140789_22021976.jpg
今夜の映画 
今年になって、夜の1時間半から2時間を映画に費やすのを楽しみに。多分HuluとかiTunesで簡単に見ることができ、DVDを返さなくてもいいのが格段楽になったため。ユアン・マクレガーの『ゴースト・ライター』(2010)★★★★☆。ロマン・ポランスキー 監督。端正な映像が美しく、手の込んだ謎解きも最後まで目が離せない。フランスでの評価はここ。ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)受賞。


稼働中の原発に対して運転停止を命じる仮処分の決定
3.11を前に、とても思い切った決定ですね。今後の動きに注目です。

by mllegigi | 2016-03-10 02:41 | 暮らしの切れ端

薔薇の雨

郵便局の横にある小さなお花屋さん。
お店には愉快なおじさんがひとり。
いちばん安いのを指差して、
オレンジ色の花束をかかえて帰る。
薔薇の雨が降る夢を見た。
a0140789_1620199.jpg

by mllegigi | 2010-07-01 16:38 | 花たち

千年の祈り

「ちゅうごくで、『修百世可同船』といいます」
だれかと同じ船で川を渡るためには、三百年祈らなくてはならない。
<互いが会って話すにはー長い年月の深い祈りが必ずあったんです。
ここにわたしたちがたどり着くためです>彼は中国語で話す。
・・・
どんな関係にも理由がある。それがことわざの意味です。
愛する人と枕をともにするには、そうしたいと祈って三千年かかる。
父と娘なら、おそらく千年でしょう。人は偶然父と娘になるんじゃない。
それはたしかなことです。でも娘はこのことがわかっとらんのです。
さだめし、やっかい者と思ってるんでしょうな。
(『千年の祈り』イーユン・リー 篠森ゆりこ訳 新潮クレスト)より抜粋

a0140789_1439071.jpg

by mllegigi | 2010-06-08 14:50 |