マドモアゼルジジの感光生活

タグ:音楽 ( 5 ) タグの人気記事

黄色の憂鬱

a0140789_13335348.jpg
30年ほど前にフランスで暮らしていたとき、差別らしきものがあったかというと。
クリスマス休暇で帰国するカップルに同行して、フランスからイタリアまで汽車で旅をすることになったとき。途中、フランス国内で乗り換えがあり、早く用意ができた私は荷物を抱えて、扉が開くのを待ち構えていました。汽車が停まり、ステップを降りると、うしろからおじいさんも降りてきて、こう言っていたのでした。「この女は黄色人種のくせに、敗戦国の人間のくせに、わしより先に降りやがった。許せん」。イタリア人が飛んできて「いやいや、彼女は僕たちの友人なんです。許してやってください」と、とりなしていましたが、私は謝る必要なんてないわと思っていました。

もう一つは、朝市へ買い物に出かけたとき。狭い道で、やはりおじいさんから、すれ違いざまに「黄色人種」と言われたこと。jeuneじゃなくてjauneって言ったわよね。若かった私にとっては針の先で突かれた程度のダメージだったのですが、明らかな差別だったなあと思い返すと、古傷がちくっと痛みます。パリに住む友人は、地下鉄で「日本人がグッチを持っている」と言われたとか「汚い○○人」とかそのうちいろいろ聞き取れるようになるわよって。その後、彼女はフランス人と幸せな結婚をしていますし、あれから時が経ち、戦争を知る人も少なくなり、時代も成熟し、このようなことは、もう言われなくなっているのじゃないかと。

昨日ニューヨークの地下鉄で「ユダヤ人は焼却炉に」「ヒトラー万歳」などといったイスラム教徒やユダヤ教徒に対するたくさんのいたずら書きが出現したものの、2分ほどで乗客たちが協力して消したというニュースを見ました。何十年何百年たっても人種問題は根が深いのだと改めて思い知らされました。ポリティカル・コレクトネスは表面的であったとしても、やはり広く浸透してほしい大事なマナーだと思います。レディガガさんが「寛容」を訴えたステージ。一番はじめの曲GOD BLESS AMERICAもプロテストソングになっています。元とは違うこの部分の歌詞にメッセージが込められています。
This land is your land, this land is my land,
this land was made for you and me.
ーOne nation, under God, indivisible, with liberty and justice, for all.



by mllegigi | 2017-02-06 20:40 | 好きな場所、もの、ことば、ひと

LES CHANSONS D'AMOUR

夏と秋の境い目にまた、すてきな映画を観た。主役のルイ・ガレルって? ずっとずっと年上のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(カーラ・ブルーニの姉)と付き合っていたなんて、あまりにもフランス的でありすぎるじゃないか。テデスキ、うらやまし過ぎるじゃないか。いまはイランの若く美しい女優(監督)がパートナーであるらしい。

映画『Les chansons d'amour』はヘッドフォン・ミュージカルという新境地なのだと教えてもらった。歌を歌い出すと、いきなり別世界に飛び立ってしまうハリウッドのミュージカルとは違い、私たちがヘッドフォンをつけて街中を歩いているときと同じ視線、感覚で撮影され、登場人物が現実から離れることはない。そしてこの映画は同じ意味で、まさに『シェルブールの雨傘』へのオマージュなのである。日本では2008年東京ゲイ映画祭のとき、邦題『愛のうた、パリ』として公開された。

映画の中でキアラ・マストロヤンニが妹を想って歌う『AU PARC』は歌詞も美しく、耳に心地よく響く。秋冬に聴くのに、いちばん好きな歌だ。一度アップしたことがあったのですが消してしまったので、ふたたび。


by mllegigi | 2015-10-03 23:11 | 映画

ビーツとツナのサラダ

a0140789_14594088.jpg
珍しいビーツが手に入り、こうして食べて下さいね、というレシピを参考に作ってみました。何もかもが赤く染まる勢いです。ツナ、きゅうり、コーン、ビーツ(皮のまま、やわらかくなるまでゆでてから、皮をむく)=キューブに。玉ねぎ=みじん切り。オリーブオイルと塩少々、しょうゆ少々、レモン汁少々をかける。

曲はマーガレット・ホワイトニングで『MY FOOLISH HEART』。秋のはじまりには古い曲もいいですね。映画『CAROL』で聞き惚れました。
a0140789_14591907.jpg


by mllegigi | 2015-10-01 15:33 | ごはん

Come again! Sweet love

帰っておいで!
To see, to hear, to touch, to kiss, to die,
with thee again in sweetest sympathy
再び、このうえなくあまやかに心をかよわせて
あなたとともに
会い、耳傾け、触れ、くちづけし、息絶えさせてくれるように

I sat, I sigh, I weep, I faint, I die
in deadly pain and endless misery
私は腰かけ、吐息をもらし、泣き、気も遠くなり、死んでしまう
ひどい苦痛と、終わりのない惨めさの中で

ジョン・ダウランド(1563-1626)は、アイルランド・ダブリン生まれ。
当時を代表するリュート奏者、作曲家。
たいそう感じやすい詩人肌のひとであったようで、
「いつも悲しいダウランド」という作品もあるという。
この曲は1597年に発表されたもの。(浜田滋郎・吾愛氏の解説対訳参照)
家ではアルト歌手のキャスリーン・バトルで聞いていますが、

*you-tubeではバーバラ・ボニーのソプラノで(埋め込み不可でした)
 http://www.youtube.com/watch?v=5EBnIiiELVQ
*こちらは、現代的にスティングで楽しくアレンジさせています。
 お時間がありましたら、聞きくらべてみてください。
 観客にはポール・マッカートニーの顔も。

*『COME AGAIN! SWEET LOVE DOTH NOW INVITE』

a0140789_1212317.jpg

by mllegigi | 2010-08-17 12:38 | 音楽

ジェーン・バーキンとアウン・サン・スーチー

アウン・サン・スーチーさんはアジアの最後の花。
どうか、はやく彼女が解放されますように。
祈っているだけではなんにもならないのだけど
「アウン・サン・スーチーさんは死んでよく売れるTシャツの絵柄になるでしょう」
と歌うジェーン・バーキンに思いを託して。

a0140789_1162699.jpg
a0140789_1144241.jpg

          
by mllegigi | 2010-05-13 11:32 | 好きな場所、もの、ことば、ひと