他人を魅了する力

今更だけれど、マクロン大統領夫人は素敵。昨日『エマニュエル・マクロンの軌跡』(選挙までの200日を追ったドキュメンタリー)を観て、彼女の無造作に作リ込まれたアップの髪型や、表情や体全体の動きから、ファッションの根底にあるものは、セクシーさというか、他人を魅了する力だとつくづく感じさせられました。下写真は勝利の日、ルイ・ヴィトンのチャック・ジャケット(スキニーパンツを履いていた)を着たマクロン夫人。マクロン氏が、大統領選を勝ち抜いていくプロセスはどんな作り事のドラマよりも熱く、フランスがうらやましく、安倍をあげるから、マクロンをくださいと切望してしまう。高い知性に裏づけされたマクロン大統領のスーツ姿は世界中で一番素敵と思っている。ジャレッド・クシュナー(FBIよ、早く彼を追い込んで)のスーツも同じ路線。彼はベルトをしないのがポイント。ミーハーな私は、ハリー王子のスタイルも好き。スーツもいいけれど、ジャケット・パンツの方が彼らしいかも。みんなネクタイが渋い。こう並べてみると、男性が女性を引き立ててくれているのねえ。いやっ、単独でもがんばらなくちゃ。
a0140789_10423497.jpg
a0140789_15291114.jpg
a0140789_15421147.jpg
a0140789_15422653.jpg
写真はvougeなどからお借りしています。
by mllegigi | 2018-03-15 16:32 | ファッション